今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

海辺の教会

e0081334_00257.jpg

昨日、金曜日。
再び新幹線に乗って、静岡市清水区にある蒲原教会の「クリスマス讃美のつどい」でチェンバロの演奏会をしてきた。
新幹線の駅でいえば「新富士」下車。午後なのできっと見えないだろうと思っていた富士山はやはり見えなかった。富士川を渡るバイパスのあたりは、片側が海、片側が大きい富士山からのなだらかな広がりという素晴しい地形で、晴れていればまさに絶景だっただろう。

駅まで車で迎えにきてくださった牧師先生は、富士川を渡りながら教えて下さった。
「この富士川を境に、電化製品は50ヘルツと60ヘルツに分かれるんですよ」
は〜、そういえばそんなことを聞いたことがあった。
日本では東京以外に住んだことのない私には、普段考えたこともない話題だった。
それを無視して使ったりすると、たとえば電子レンジなどはターンテーブルの回転が速くなるらしい。電子レンジはともかく、洗濯機などはやはり速く回りすぎてショートしたりする危険があるので、やはりその土地にあったものに買い替える必要があるとか。
いや〜、勉強になりました。

蒲原教会は、歩いてすぐのところがもう海だというところにある、小さな教会。
今年会堂を新しくされ、昨日の催しはその後初めてのイベントとなったそうだ。会堂は人の声にも音楽にもちょうどいい塩梅の響き具合で、チェンバロにはまさにぴったりの大きさと響き。
本番は少しお話を交えながら音楽をお届けしていったが、聴いてくださる方たちの表情や相づち(!)がすぐ伝わってくるので、こちらもとても楽しいんですね。

滅多に見られない海をゆっくり眺める時間がなかったのが残念だったけれど、また伺える機会があったら今度こそ大きな大きな富士山と、真っ青な海に出会いたいな・・・・
e0081334_01813.jpg

↑東京から新富士までの新幹線の中で食べた駅弁「富有の華」、冬季限定。
せめて移動中だけは、だらだらとリラックスした時間を過ごしたい・・・(苦笑)
[PR]
by saskia1217 | 2006-12-17 00:08 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)