食のビックリ2景

ほぼ1ヶ月ぶりにいった礼拝の後、友人3人と、阿佐ヶ谷の可愛い洋食やさんでまったりとランチ。
肝心のメイン(牡蠣フライ)は撮るのも忘れていたが、サラダの上にちょこんとのっていた、このおかしな野菜がどうしても気になって・・・
e0081334_1275433.jpg

友人のひとりによれば、これは「りゅうきゅう」という野菜だそうで、今いろいろ調べてみたら、高知(沖縄、ではなく)の名産だということが判明。土佐料理のなかでも有名な「野菜寿司」にも用いられたり、酢の物でのおなじみの、地元ではポピュラーな野菜だとか。見たことも聞いたこともなかった!
もとはこんな感じ↓
e0081334_285259.jpg
e0081334_29795.jpg
もっともこれは高知での呼び名で、正式な名称はさといも科の葉柄専用の品種『ハウスイモ(蓮芋)』。蓮ににた淡緑色の長い茎の部分だけが食用で、芋は食べないとのこと。断面はスポンジのようにごくごく小さい穴が一杯あいていて、食べるとサクサク。そのものの味はあんまりしません。そのままだと灰汁が強いので、ちゃんと処理しないとダメらしい。
は〜、見たことないもの、食べたことないもの、日本にもまだまだあります。

(「りゅうきゅう」についてはこちら↓何故かうまくリンクできなかったので・・・すみません)
http://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/15/1502/gairo/shohin/ryukyu.html

そして午後から夜は、新宿の事務所で、来年2月のコンサートの打ち合わせ。
やることがトロい私、今週中に処理、決定すべき事項が山ほど出来てしまった・・・でも楽しみですけどね。
そしてマネージャーさんと一緒に、車で数分の美味しい中華やさんで夕食。新国立劇場からも近いとあって、お店には役者さんの色紙もいっぱい。
ここの巨大餃子はかなり有名らしい。
e0081334_1514327.jpg

焼きたて、ジューシーですごく美味!
この他に、中華風のピクルス(レンコンや生姜入り)、ピータン豆腐、カシューナッツと鶏の炒め物、青菜と湯葉の塩ラーメン、長崎風チャンポン(なのに麺は堅やきそば風)など、どれも美味しかったな。
だけど美味しいもの食べてる時って、何故あんなに幸せなんだろう・・・?
あんなに最高の瞬間はありませんよ、ホント。

あ、2月のコンサートについては、もうちょっとしたらここでもご案内しますので、お楽しみに!
[PR]
by saskia1217 | 2006-10-30 02:00 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30