再会

久しぶりに、生のコンドルズに再会。
10周年を迎えた今年の夏の全国ツァー「エルドラド」は、福岡、広島、大阪、仙台を周り、昨日から東京にやってきた。

こんなことでもなければ、滅多に足を運ばない歌舞伎町(笑)、シアターアプル。
ステージは小さいけれどキャパは700と結構多い。ロビーは映画館のようにこじんまりしていて、居心地はいい。

コンドルズに限らず、熱心なファンというものは、各地の公演に出かけていったり、同じ会場の公演に複数回見に行ったりすることがよくある。大好きなアーティストなら何度も見たいという気持ちは私にもあるし、同じ公演でも完全に同じものは二度とないだろうから(特にコンドルズみたいなスタイルだと、アドリブなども変わって来るだろうし)、それを楽しむ、というのもよくわかる。
そんなことも醍醐味だろうけれど、私には何故か、特に映画などではなくライブのものは、1度だけを見たい、聴きたいという気持ちのほうが強い。
これは単なる気持ちの問題なんだろうけれど、何度も見ると何かが「薄まってしまう」ような気がするからだ。

で、今回も、苦労してチケットを取ったのは一公演のみ。
最後の最後まで、期待感を高めながらその日を待つ・・・はずだった。
が、ひょんなことから別の日、つまり昨日初日のチケットも手にすることになった。じつは上記のような気持ちでいたもので、これほどチケットを欲しい人がいるのだったら、自分は行かずに誰か他の人に譲ったほうがいいのかな〜、と一瞬は思ったのも事実。
でもせっかくのこの幸運、もっと生かそうと思いなおし、私の話を聞きすぎて(笑)コンドルズがかなり好きになってしまった学生さんに、初めての生コンドルズを見てもらおう、と彼女と一緒に観に行くことにした。

おかげさまでとってもいいお席に恵まれて、5月の春公演以来の「コンドルズ」全員の舞台。すぐ目の前で、12人が縦横無尽にステージを駆け巡る。
5月の頃は、ダンス公演、トークショー、バンドライブ、それが過ぎ去ると、CDデビュー関連のイベント、USENリクエスト・・・など、立て続けにいろんなことが起こりすぎて、なんだか大きな渦のようだった。こちらのほうも熱にうかされすぎていて(苦笑)、それをわかりつつも自分でも止まれない状況だったのだが、あれからコンドルズや、コンドルズを好きな人たちや、マスコミや、いろんなことを出来る限り見たり聞いたりしてきた中で、そんな強烈な思いだけではない、何かもっと違う温かさのようなものが生まれてきたような気がする。

昨日はそんなわけで、ドキドキワクワクと期待しつつも、何かに包まれるような柔らかい気持ちでアプルに着いた。連れがいる、ということも、こういう時はかなり自分を冷静にさせてくれるのだろう。

黄金に包まれたカーテンコール、一杯のお客さんの中に埋もれながら、やっぱりコンドルズはいいな〜、と、ただそれだけを思った。
そして、20周年、30周年を、もしコンドルズが迎えられたなら、その時もやっぱりこんな嬉しい気持ちで、彼らの舞台を観に行きたいと思った。
その時はきっと、ステージ上の彼らも私も、おんなじように歳を重ねているだろうな・・・と、そんなことを想像するのさえ、今はこのうえなく楽しい。
[PR]
Commented by ukiki01 at 2006-08-31 23:53 x
おっ! 初日ごらんになったんですね!
ひとりで行くのと、誰かと行くのは、たしかに違いますね。
舞台を観るとテンションがあがるのは同じなんですが、
ひとりで盛り上がって、それを外に出さないまま持って帰ってくるか、
それをシェアする連れがあるか、で、
盛り上がりの質が大きくちがってきますよね。
お連れの方のご感想はいかがでしたか?
Commented by saskia1217 at 2006-09-01 01:24 x
彼女は初期の私よりは見かけ上は冷静でしたが(笑)、それでもかなりぼ〜っとなっておりました(私はロビーで彼女のためにカメラマンと化してました)。
なんでも、終演後の一発燃焼ではなく、今も「細く長くじりじりと燃え続けている」感じだそうです。(なるほど〜、若いのに何だかスゴイ)
こっちはこっちで「ネタバレできないので、ちょっとじりじり」ですかね・・・(笑)
Commented by ukiki01 at 2006-09-02 04:20 x
なるほど、お連れの方にも強烈に&確実にヒットしてる感じですね。
うれしいですね。
by saskia1217 | 2006-08-31 15:37 | コンドルズ | Comments(3)