明けの明星

(このタイトルを見て、バッハのカンタータ1番を思い出したそこのあなた、あなたはかなりのマニアです・・・笑)

夏の日の夜明けは美しい。
それも、「あ〜今日も暑くなりそうだ」というような、そんな日の日の出は格別に美しい。
昨日もそんな日だった。
e0081334_19193165.jpg

空気が澄んでいると、こんな都会でも星がよく見える。特に明け方は空気がいいと見えて、まだ夜を感じる紺色の空に、くっきりと金星の光が見える。
e0081334_1920541.jpg

この日の空には、地平線に近いところに黒く細長い雲が真横に横たわっていて、不思議な効果を醸し出していた。
e0081334_19232861.jpg

その不思議な雲が途切れていくのと同時に、黒々とした街の影の向こうから、薄いオレンジの光がたち昇ってくる。一刻一刻、柔らかい光が左右に広がって行く時間。
e0081334_19252634.jpg

ものの30分もしないうちに、空はすっかりオレンジの光に占拠され、気がつくと金星はもう見えない。街の灯りは消え、町並みはただの黒い塊となっていくと共に、静かだった空気のなかに、新聞配達のバイクの音、始発電車が走り抜ける音などがだんだんと積み重なっていく。

ほんのちょっとだけ、自然を味わえる、朝のひととき。
あ〜、暑い一日がまた始まる・・・
[PR]
by saskia1217 | 2006-08-11 19:28 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30