今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

晴れのち・・・モヤッと

春と梅雨の合間・・・街角で。
e0081334_0224396.jpg

少し肌寒い朝から、清々しい晴天になった今日。
朝のうちに出かけ、お昼は友人と楽しく食事、午後は、明日公開講座のお手伝いをすることになっているグナール・レツボール氏の演奏会に。(↓「コンサート情報」の記事をご参照ください!)

会場は目白の自由学園明日館講堂。
いうまでもなくライトの設計による貴重な建築で有名な明日館。
数年前に、ここの食堂でリサイタルをし、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」を弾いた懐かしい場所だ。
今日はお天気もよく、落ち着いた佇まいの目白の住宅街は、窓を開けていても音楽会ができるほどのほどよい静けさ。
会場一杯に集まったお客さんで人いきれの中、颯爽と登場したレツボール氏は、南ドイツ、オーストリアの作曲家、そしてバッハの無伴奏の作品ばかりという、テーマ性のはっきりした非常に密なプログラムを、力強く弾き切った。

鳴り止まぬ拍手に答えて、彼が弾き始めたアンコールの冒頭を聴いて、さすがに驚いた。
ビーバーの「シャコンヌ」!
この曲、有にほぼ12〜3分はかかる。おまけに直前に弾いたのはバッハのシャコンヌ。
う〜、何もかもパワフルだ。
「ん〜〜、さすがにヨーロッパ人!」
音楽も密だったけど、久しぶりにスタミナたっぷりの演奏家を目の当たりにした気がした。
明日のレッスンも楽しみである。

・・・と、ここまでは実に「すっきり」した一日。
音楽会で久しぶりに会った同業の友人と楽しくお茶を飲んで帰宅。
サッカー「日本対マルタ」を見る。

ん〜・・・・
勝ったにしては、何だか「モヤッと」である。
一日の最後としては、あまりにもスッキリしない試合内容だったなあ、残念ながら。
ま、ワールドカップ初戦に期待しましょう。
[PR]
by saskia1217 | 2006-06-05 00:23 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)