都の西北♪

マイブームのお散歩日記、第3弾!
といっても今日は、ちゃんと目的アリのお出かけ。

今日の行き先は早稲田。
いや、正確には早稲田大学。
大好きなのだが実際はなかなか乗る機会のない都電に乗って、終点早稲田まで。
都電、いいですね〜。
これは早稲田駅↓
e0081334_0124147.jpg


下車して大学に近づくと、にわかにコピーやさんとかお弁当屋さんが増え、まわりは校舎に向かう学生さんで一杯。なぜだかドキドキする(笑)。
早稲田大学構内が広いことは、事前に案内図で確かめていたので承知はしていたのだが、北門からおずおずと入るともう、人通りが多すぎて(構内ですよ)何をどっちに行ったらいいのかわからない。いや〜、これぞ「大学」なんですね。国内外あわせて3つの大学に通った私、そのどれもが「音楽大学」であったために、普通の大学のキャンパスには実に不慣れなのだ。たまに仕事でそんな大学に伺うこともあるのだが、どこも大きくて広くて人が多くて、例外なくいつも完全な「お上りさん状態」に陥る。今日も、この通路の真ん中でオバサンが「構内案内図」を取り出して見入るのもな〜、新入生じゃあるまいしな〜、などと下らないドギマギを押さえつつ、やっと目的の建物にたどり着く。
それは坪内博士記念演劇博物館
e0081334_02127.jpg

芸大の旧奏楽堂を思わせる素敵な古い造りだ。もちろん内部も素敵。木の床は歩くとギシギシ音がする(笑)。
ここでは今コンドルズ 96→06 ネバーエンディングストーリー展なる特別展をやっているのだ。
そう、今日の目的はこれ。

4月から8月までという、異常に長い期間開かれる特別展だが(笑)、今日は平日だったせいか館内には殆ど人の姿はなく、3階の「現代」コーナーに設けられたコンドルズのブースはなんとずっと私ひとりだけだった!
いうまでもなくこの博物館は、古代から現代までの演劇に関する展示や各記念室などから成る展示室、および数十万点にもおよぶ膨大なコレクションを持ち、図書室も併設された貴重な研究施設だ。シェイクスピア、大衆演劇、能、浄瑠璃など面白い展示がたくさん。シナリオなど、他ではなかなか見られない資料も閲覧できる。さすが、演劇史上重要な位置を占めてきた早稲田ならではだ。

能やシェイクスピアにも大いに興味があるのだが、まずはコンドルズコーナーへ直行。人が居ないのをいいことに、思う存分ゆっくりと展示を楽しめた。舞台衣装の学ランや学帽、人形劇に使う人形の現物(もちろん手作り)、メンバーの近藤氏愛用のギターや石渕氏愛用のバラライカ(!!)、たくさんの舞台写真、チラシ、ポスター、海外公演時の新聞記事と批評(NYタイムズなど)。一番興味深かったのは、数々のシーンの台本やダンスのスケッチ、ステージ設定のメモなど。それらは大学ノートの1ページや、メモ用紙のような紙にラフに書かれているのだが、実に綿密に組み立てられている(当たり前なのだが)のを見て、そのシーンを実際見たお客としてはなかなか感動ものだった。また、ファンにはおなじみのコントの、海外公演用の英語版のシナリオなども面白かった。
ビデオのモニターもあって、昨年TBSで放送された「情熱大陸」が流れていた。これは私がこのカンパニーを偶然知るきっかけとなったものである。もちろんその時は録画などしていなかったので、とても懐かしく、また今見るとまた違った見方ができて楽しかった。(おまけにここも1人でゆっくり鑑賞!)もう1本のビデオ、昨年の公演「TOP OF THE WORLD」が上映されていなかったのが返す返すも残念だったが。

能のコーナーで「能面」を実際に着けてみられる体験コーナーなども楽しみ、1階の図書室で舞踊関係の学会誌からいくつかの探し物をコピー、博物館を出る。
ちょうど授業の切れ目だったのか、校舎間を移動するもの凄い量(もはや「数」とは言えまい)の学生に押し流されるように、キャンパス中央へ進んで行くと、突然目の前が開けて、あの大隈講堂が出現↓
e0081334_054232.jpg

なかなか感動します。

中央図書館にも用事があったのだが、どうせ所属大学からの紹介状が必要なので、またの機会に。早稲田通りに出て、今日もう1つの目的である「食」関係へ↓
e0081334_0564243.jpg

「天鳳」というラーメン屋さんで、黒ごま担々麺を食べた。変な時間だったのでここでも1人。小さいお店だが、ラーメンは普通に美味しかった。何だか胡麻のラーメンが無性に食べたかったのだ。白胡麻と黒胡麻、選べるのがよかったし(実は身体には黒胡麻のほうがいいらしい)、なんと女性客にはデザートがサービスされる。今日はキウイの入った冷たいヨーグルトドリンク。ラーメンの後にさっぱりして美味しかった。でもその人が「女性客」ってどこで判断するんだろう・・・デザートを頂きながら、そんな疑問に捕われていた私。

最近殆ど食べなかったラーメンなんてものを頂いたので、かなりお腹が一杯になり、とにかく歩くことに。早稲田通りを高田馬場に向かってひたすら歩く。しかしこの通りはやたらとラーメン屋が多い。それにコピー屋、焼肉屋、ちょこっと古本屋の繰り返しで出来ている。それでも同業者が共存できているのは、お客の絶対数が多いということだろう。
なかにはこんな素敵な「元」名曲喫茶も↓。廃墟になっててなんだか悲しい。「らんぶる」って昔高校生の頃よく通った渋谷のお店と同じなのかなあ?
e0081334_192591.jpg

コンドルズ展をあまりに満喫したせいか、途中リサイクルショップの「タンス」の文字が「ダンス」に、一緒に信号待ちをしていたオジサンの黒いスーツが「学ラン」に見えたという、嘘のような本当の怪奇現象が起こったので(苦笑)、自分でもさすがにこのままでは帰れないと思い、そのまま早稲田通りをUターンして、神田川沿いに出て、都電の駅まで歩く。通りから一歩入ると、かなり静かな緑多い住宅地。素敵なマンションが並ぶ。

ついこの前まで満開の桜に覆われていた神田川。(グローブ座公演のクライマックスに使われた桜のシーンは、この川でしたね)
今ではすっかり緑のドームのようです。面影橋から早稲田方面を臨む↓
e0081334_1115379.jpg

にわか「普通の」大学生気分を満喫して、都電で帰路に。
また少し充電できたから、今週はもう遊ばないでがんばろう(笑)。
[PR]
Commented by ukiki01 at 2006-05-09 03:17 x
おお、行ってこられたのですね。
「情熱大陸」が見られるとは、いいことを教えていただきました。
構成メモもおもしろそう。
ついでのあるときにさらっと寄ろうかと思っていましたが、
できれば平日に、前後の予定を入れずに行って、腰を据えて見て回るのが正解のようですね。
ありがとうございます。

じつはその昔早稲田大学に通っていたのですけれど(たぶん時期的に勝山氏と多少重なっていると思われます)、
演博には足を踏み入れたことがありませんでした。
こんなきっかけで行くことになろうとは(まだ行ってませんが)。

そうかあ、あの桜は、神田川でしたか。
なるほど。
そして「らんぶる」、私が学生の頃=1990年前後もすでに廃墟でした……。

とりとめないですが、このへんで失礼します。
Commented by ukiki01 at 2006-05-10 02:20 x
saskia1217さま、
こんばんは。
再び&さらに綿密な鑑賞ガイダンスをどうもありがとうございます。
そうなんです、Part2が始まってから一括して、とも(無精して)思っていましたが、
でも、全部をいっぺんに見るより、ちょっとずつ分けて見るのも楽しそうだなあ、という気もしています。
なので、近々、まずは、第一弾として、行ってみますね。
出かける前にいろいろうかがえて、とっても心強いです。
いっそう楽しみになりました。

そして、さいたま、もうすぐですね! ワーオ!
僭越ながら今度はぜひらくちんなかっこうでいらっしゃれますように。

早稲田トークもうまく都合がついて行けそうですし、ライブのチケットもやっと昨日届きましたし、私も同じくコンドルズ強化月間であります。
うれしいことです。
では、また。
Commented by きょろ at 2006-05-11 17:30 x
こんにちは~☆どうもご無沙汰です。
私も早稲田の学生だったので、読みながら学生時代を懐かしく思い出しました。時々仕事で母校に行くことがあるので、その度に思い出の場所やお店を確認しながら、うろうろしています。変わってしまった場所、変わらない場所とそれぞれですが、学生の姿を見ると、月日の流れを実感してしまいます。歳とっちゃったな、って(笑)
演博でコンドルズの展示・・・?ってことは彼らも早稲田出身ってことなのでしょうか?23日のライブ、楽しんできてくださいね。
Commented by saskia1217 at 2006-05-11 23:14
きょろ様
こちらこそご無沙汰してま~す!時々そちらもお邪魔してます!
そうですよね、きょろ様も早稲田OBでしたよね。お仕事で母校にいらっしゃるとは嬉しいですよね。でも「歳とった」なんて、きょろ様はいつまでも
お若いです!
コンドルズはまあホームグラウンドが早稲田っていうんでしょうか、卒業生も多いし(彼らはモダンダンスクラブだった)主宰の近藤さん(横国出身)は彼らと同時期に西早稲田に彼らと一緒に下宿してたり・・・19日に小野記念講堂で行われるトークには卒業生全員が出演するようです。早稲田ってホントに層が厚いですね!そうそう、23日のライブ、きっとドロドロになるでしょうけど(笑)またご報告しま~す!ちなみに明後日は埼玉公演のためにフランス語お休みします(苦笑)。
by saskia1217 | 2006-05-09 01:14 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(4)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217