四月の魚

今日は4月1日。
「エイプリルフール」は、フランス語でpoisson d'avril(四月の魚)というらしい。
でも何故、何故、「さかな」なの???

ちょうど今日はフランス語会話のクラスがあったので、先生にきいてみた。
「ん〜、いい質問だね、でもなんでだろう、わかんないね」
う〜ん、がっかり。でもそんなもんだよね。

今朝ネットで調べたときは慌てていて見逃していたが、じつはそれについていろいろ書いてあるページをさっき見つけたぞ。ここ↓
poisson d'avril

ここの情報によると・・・・
なんでも1565年に、ときの王シャルル9世が、それまで4月1日が一年の始まりだったのを1月1日に変更した。で、1月1日の「本当の一年の始まり」には皆が「良い年を祈って」プレゼントをしたりしていたが、4月1日は「本当でない一年の始まり」として残り、「本当でない」=つまり冗談とかおふざけとか、価値のあるものでないプレゼントをする習慣ができた・・・とある。
で、フランスではちょうど4月の始め頃には魚が産卵期に入るので、釣りは禁止になっていた。が、釣り人をだますために川に鰊を投げ込むようになり、それを「四月の魚」というようになった・・・・らしい。
そんでもって現在は、本物の魚じゃなくて紙を魚の形に切り抜いたのを、道行く人の背中に貼って、その人が一日中人から笑われたり、というおふざけをする・・・らしい。
もうひとつの説は、西洋占星術でこの時期の太陽が「魚座」にあるから、とか。
他の情報では、魚の形のチョコレートを意中の人に贈る、ということも聞いた。

は〜、何がホントなんだかよくわからん。
上記のページには、ベルギー、ドイツ、スイス、アメリカのことも書いてあるので興味のある方はどうぞ。
私はもう眠くなったので、読まずに寝ます(笑)。

ちなみにドイツじゃ1631年から「四月の嘘」はあったらしいです。
ドイツの4月1日(Aprilscherz=4月の冗談)は今の日本のエイプリールフールに近いかも。
結局今日はひとつも嘘つきませんでした!
ちぇっっ。
[PR]
by saskia1217 | 2006-04-02 00:33 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール
コンサート・スケジュール
チェンバロ教室のご案内
感じろ、考えろ、思え!
エレファントカシマシ
コンドルズ
ラーメンズ
曽我部恵一さん
くいしんぼうメニュー
お薦めレビュー♡
このブログのご先祖

ライフログ


夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)


Music of the Couperins


NHK 趣味どきっ!(火曜) お寺の知恵拝借 2016年 8月~9月 [雑誌] (NHKテキスト)


正法眼蔵(一)全訳注 (講談社学術文庫)


典座教訓・赴粥飯法 (講談社学術文庫)


わが家の仏教・仏事としきたり 曹洞宗 (大きな活字でわかりやすい!)


茶席で役立つ禅語ハンドブック

お気に入り♡リンク集

最新のコメント

雪虫さま 記事をお..
by saskia1217 at 19:20
はじめまして、コメントさ..
by 雪虫 at 10:28
take様 コメントを..
by saskia1217 at 02:05
福井在住のものです。地元..
by take at 23:49
コメント、ありがとうござ..
by saskia1217 at 20:51

以前の記事

2017年 12月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
アーティスト

画像一覧