今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

恐怖体験

・・・をした。
今朝、教会へ出かける電車の中である。

いい具合に混んでいた山手線に乗り込み、つり革につかまっていた。目の前の座席に座っていたのは20代の若い女の子。加藤あいに極似したその子は、例によって一心に鏡を覗き込み、ビューラーで睫毛をカールするのに余念がない。膝に乗せたバッグの口をガバッとあけ、携帯や手帖、財布や化粧道具のポーチが丸見えである。
昨今よくある光景、まぁ既にそれだけであまり気持ちのいいものではないが、この場合ここまでは150歩譲って許そう(笑)。
ビューラーでの作業が終わると、彼女は小さいチューブを手にとり、上まぶたの睫毛ギリギリ上に白いクリーム状のものを横真一文字にぶちゅ〜っと直接絞り出した。

(ん、これはまぶたの乾燥防止クリームなのか・・・??)

否応無しにじ〜〜〜〜〜〜〜〜っと凝視してしまう。もちろん彼女は自分1人の世界に入っているので、別に誰かが見ていようがいまいが関係ない。
それから指でそのクリームを少しまぶた上に伸ばし、両端を小指でぽんぽんとたたいて留めた。そして次に彼女が取り出したのは、両端がそれぞれフォークのように2つに先分かれしている、楊枝大のプラスティックの棒。
そして、それは始まった。

彼女はやおらその二股フォークの先で上まぶたを上方奥へグリッと引っぱって押し込み、しばらくそのまま動かなかった。
ここでようやく私は彼女がやっていることを理解した。
即席二重まぶたの作成である。
話には聞いていたけど実際見たのは初めてだったので、驚いたのなんのって。
とにかくあまりにもグロすぎて・・・笑うというよりは、怖かったですよ。
棒でまぶたを奥へ入れれば、当然眼球の上半分が丸出しになり、それだけでも十分怖いのに、そのまま1分くらい静止しているのだから、これはもう殆どホラーだった。

不快でしょ、これは。
こんなことにいちいち目くじらたててられない昨今の電車内。確かに今までも、パックの刺身に醤油とわさびを付けて食べている女子高生とか、小型ラジオをイヤフォンもなしに耳にあてて聞き続けている若者とか、いろんな人に会ったけど、でもでも今日のは本当にびっくりしたさ。

「何故電車の中でものを食べてはいけないのか」
「飲み食いしたら必ず座席や床が汚れる、または汚す恐れがある。みんなが乗ってみんなが使う電車を汚すことになり、それは他の人にとって迷惑になるから、してはいけない」
「何故電車の座席に登るときは、靴を脱ぐのか」
「電車の座席がみんなが座るところであり、そこを汚したらみんなが困る。だからしてはいけない」
「何故電車の中で化粧をしてはいけないのか」
「化粧というのは人に見せるものではない。それは裸から服を着ていくことと全く一緒で、本来自宅、自室でするべきものであり、最低化粧室でするもの。人前で化粧をするのはすなわち、人前で着替えるのと同じこと」

・・・・と子供の時から親に言われ、いや、言葉で言われてそれを理解する前から、「そういうものだ」と認識させられていた人は、私以外にも少なくないと思う。
「公共」という概念がなくなってしまったら、それを教えることができなくなってしまったら、それはもはや「人間」の世の中だとは言えないだろう。動物の中でもかなり下等に属するだろう。

でもなぁ・・・
「電車の中で着替える」女子高生には、上記の説明はまったく無効だしね。
世の中、本当に謎は深まるばかりだ。
いやいや、少なくともこんなことでストレスが溜まっては、かなわない。
電車に乗ったらすぐに目を閉じるしか、対策はなさそうだ。
[PR]
by saskia1217 | 2006-03-20 00:17 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)
Commented by flauto_diritto at 2006-03-20 16:27
そういうのって、日本が妙に安全だからというのもあるでしょうね。
お化粧している時には全く無防備でしょうから。
ヨーロッパでは電車の中で寝ることさえ考えられなかったけど(物珍しくてキョロキョロしてたから寝なかったのか?)ね。それでもアラブ人の窃盗グループに何度囲まれたことか…
ひったくりとかスリとか暴力事件が増えたりしたら、車内化粧は減るのでは?
どっちが良いかわからないけど。
Commented by saskia1217 at 2006-03-20 18:24
たしかにそうですね。最近は必ずしも安全でない日本ですが、それでも欧米の比ではないですよね。私はもともと日本にいても電車の中では寝ないタイプですが、ヨーロッパじゃあ長距離列車でも熟睡している人はあまりいなかったような・・・自分の身は自分で守る、ってこと東京にいると忘れますね。・・・でもそう考えると、スリ団が増えるより能天気なお化粧女たちのほうがいいのかな・・・・