「囲まれた」会

e0081334_1950212.jpg

ゆうべは、この1年間楽理科の授業で受け持った学生さんたちが計画してくれた「広沢先生を囲む会」なるものに参加してきました!
約束したのが最終授業のあった1月初旬だったので、すでに予定が入ってしまった人や、近頃流行りのひどい風邪にやられて当日来られなくなってしまった人もいて、結局のところ3人というこじんまりした「会」になったが、大学の授業なんて1年やって試験終わったら「はい、さよ〜なら」でも不思議はないのに、こんな私に声をかけてくれるなんて感動です。誘っていただけるうちが花だと(笑)いそいそと出かけていきました。

池袋駅からほど近い、京風の創作ダイニング。わりと小さいお店だったので、静かでよかった。いろんなお料理をいただきましたが、写真は「地鶏の陶板焼き金山寺味噌バター焼き」です。これはたぶん、京人参とか九条葱なんでしょうね。京野菜ってほんとに美味しい。デパートの野菜売り場では時々見かけますが、なかなか手軽に買えないのが残念。鶏もぷりぷりで美味でした。

学生さんたちと話していると、どうしても自分の学生時代を思い出して、昔話をいっぱいしちゃうんですね。みんなは面白そうに聞いてくれるけれど、これって歳をとった証拠ですよね(苦笑)。でもみんな、1人1人がそれぞれ一生懸命勉強したり、アルバイトしたり、サークル活動したり、将来のことを考えたり、いろんなことで悩んだりしている様子をみていると、その時はたしかに本人は大変なんだけれど、でも楽しそうだな〜、羨ましいな〜と思ってしまう。
自分が学生のときは、先生や年上の人たちに「若くて、何でもできて羨ましいわ〜」「好きな事思いっきりできて楽しいでしょう」「今しかできないよ、そんなこと」と散々言われたものだけど、まさに今それを実感している。

でも、いつもそういう学生さんたちに囲まれていられる自分はラッキーだし、幸せだと思う。私が彼らに教えられることももちろんあるけれど、彼らに教えてもらったり、助けてもらったりすることも多い。とんでもない希望やたくさんの「したいこと」を胸いっぱいに持っていた頃の、あの何ともいえない気持ちを思い出させてくれることが、その中でも一番感謝していることかなぁ・・。それが、ちょっと怠けたり疲れたり面倒くさくなってしまいがちな今の私を、叱咤激励してくれるのは確かだから!
[PR]
by saskia1217 | 2006-02-28 19:50 | くいしんぼうメニュー | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217