こまったこまった

e0081334_18461833.jpg

月曜の夜10時から翌朝6時まで、そしてその日の午前10時から11時まで、うちの近所一帯が水道工事のために断水になった。

まあ、水道、電気、下水、また線路の補修など、日常生活において非常に重要なものの工事は、深夜など、なるべく支障をきたす可能性が少ない時間帯で行われるのが普通だ。
・・・とそれはもちろん、絶対多数である「ごく普通の一般的な生活を送る人」に照準をあわせた時間帯である。(そうか〜、10時に寝て、6時に起きて仕事に行く人がいっぱいいるんだよな〜。何故かとっても申し訳ない気分・・・)
たまたまこの日は夜遅くなって帰宅するような仕事がなかったので、入浴も早い時間に済ませられたし、夕食も早め、食器洗いも済ます事ができた(かなり駆け足ではあったけれど)。でも、私の場合、書き物や調べものをしたり、本を読んだりするのはやはり夜10時頃からである。その作業そのものに水は使わなくても、起きていればお水も飲みたくなるし、寝る前に歯もみがきたいし、トイレも行きたくなる。飲み水や手を洗う水は汲み置きできるが、トイレの水はやっかいだ。タンクに補充するにも量が多いので、大きなバケツがない我が家は一苦労。それにおもた〜い水を床を濡らさずにバスルームや洗面所からトイレに運ぶのも大変。

それに、この寒い夜間に工事をするほうの人たちも大変です。夜中の2時すぎに線路の点検や工事をしている人がもくもくと働いているのが、時々うちのベランダからよく見えるのですが、お仕事とはいえ、本当にありがたいことです。

病気になったときに健康のありがたみがわかるのと同じように、水がないとほんとに大変だと実感した一日でした。あ〜、防災リュックの中身に簡易バケツ買い足そうっと。
[PR]
by saskia1217 | 2006-01-26 18:46 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217