笑顔のさよなら〜下野竜也さんと読響〜

e0081334_00341252.jpg

この3日間の読響のステージ。
私はパッヘルベルのカノンのオルガン…
なんだけど。

オルガンの私は指揮台の真下、ど真ん中。
背後にはチェロがヴィラ・ロボスのように(笑)ぐるりと私を囲む。
チェロの後ろにはコントラバスがズラリ。
そしてそのまた後ろには…
ヴァイオリンは一番遠くの壇上に、下手から上手まで一列に。

中央の指揮台に立たれたのは、この3月で読響を退かれる下野竜也さん。
私たちはそこから派生した水面の波のように半円状に陣取る。サラウンド!
いつものパッヘルベルが、ちょっといつもじゃない。
通奏低音だからといえ、そのサラウンドストリングスはかなりの厚みなので、思い切って4フィート、どころか2フィートも入れる。
2日目からは右手も派手めに。

そうだそういえば。
下野さんにお会いしたのも久しぶりだったので「大河ドラマご出演、拝見しましたよー!」と今更ながら感動をお伝え(笑)
「素人芝居でスミマセン」と恥ずかしそうに仰りながら、オフロスキーの話題でちょっとウキウキ。

そして、いよいよ3日目の今日。
下野さんの読響卒業公演だ。
いつもなら弾き逃げだが、今日はやっぱり下野&読響の有終の美をオンタイムで目撃したくて。
冒頭のパッヘルベル「カノン」を弾き終わって、グラスのヴァイオリン協奏曲の3楽章から客席で聴かせていただく。
オケのお仕事では、受難曲みたいな場合以外は大抵乗らない曲の方が多いから、リハやGPで珍しい曲が聴けるのも楽しみのひとつ。そんなわけでグラスも初めて聴いて楽しかった。

小さい単位のほぼ規則正しい蠢きが、電子楽器でもパソコンでもなく、生身の、しかもかなりの複数によって鳴らされることの…
いいの?いや?面白いね。温かすぎる?…
みたいな訝しさ、不思議さ。
完全に完璧に無機的な姿への期待がどこかに残る罪悪感。
本番の響き、美しかった。
ピアノ科の学生時代「現代音楽史」の授業で聴いたミニマルミュージックのすっかり虜になり、授業サボって一日中図書館でライヒやらライリーやら聴いてたのを思い出していた。

ドヴォルザーク「新世界から」
久しぶりに聴いた。
もう何十年も「オケの演奏会」に自分から行ってない。中学〜大学ではあんなにオケばっかり聴いてたのに。
なかでも「新世界」は「運命」と共に子供の頃家にあったレコードのうちでも好きで毎日聴いてたから、いつ聴いてもキュンとする。
あらためて聴いて、今まで聴こえてなかった音、声がいっぱい聴こえてきた。
子供の頃からのイメージにはなかった音。
大人になった今だから気づく音。
内声をゆくホルン、うねるバス、あとうちの打楽器…
それらは今日、下野さんがカタチにしてくれた個性。

2楽章のあまりにも有名なコールアングレを真正面から味わう。そこに重なりオーロラのようにゆらゆら変わる周囲のハーモニーに気づく。
原アメリカのメロディーの持つ言葉、管楽器たちのうた。
時折人間の声にも聴こえる羅紗のような弦。
最終楽章の、コッテリ濃いのになんの躊躇もなく前進するチカラ。
ラスト、コーダからあっさりと速くなるテンポ設定、新鮮で見事だったな。
最後の音が消えた後まさにタクトが下されるまで完全に守られた、けして短くはなかった静寂に、お客さんの感動と熱意と、そしてなにより敬意を感じた。
いやいやしかし、チンバッソなんて楽器、半世紀音楽やってきて初めて知りました!

アンコール、団員さん編曲のパッヘルベル「カノン」
管楽器から始まり、弦が足され、打楽器が加わって大きなクレッシェンド。
そこから3人、4人と演奏を止め退場してゆくメンバーたち。
下野さんに、ある人は手を、またある人は白いハンカチを振りながら。それに答えて手を振りお辞儀をする指揮者。
ハイドン「告別」を思わせるこの演出は、たった数回、下野さん&読響とご一緒させていただいただけの私の涙腺さえ破壊したよ。

リハで、円心みたいなセッティングの冒頭のパッヘルベルを、下野さんは「なんか…卒業式、みたいな雰囲気。みんなセーラー服と学ランで、って感じ」と仰ってたが、そうだね、下野さんの卒業式でもあったんだな。

小柄なお姿が隠れてしまうほどの巨大な花束を、ステージに登場した可愛らしいご子息から渡され、お客さんとオケメンバーに代わる代わる何度もお辞儀。
お客さんは全然帰ろうとしない。
演奏家、お客さんのどちらからもこれほど信頼され愛される指揮者はなかなかいないんじゃないかと思う。
接する人をけして不快にしない自然な心遣い、音楽と人にどこまでも誠実なお仕事ぶり、ブレない情熱とビジョン。
新天地での、また様々な場所でのご活躍に期待します。
ありがとうございました。
またご一緒できますよう。
10年間おつかれさまでした!
e0081334_00341274.jpg




[PR]
by saskia1217 | 2017-03-20 17:17 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217