ちょうどいいかんじ

e0081334_19123563.jpg

昨日の午後は、吉祥寺の相愛教会のチャペルコンサートでオルガンを弾いてきました。
気持ちよい晴天に恵まれた日曜の午後、アットホームな雰囲気で楽しくコンサートを終えることができました。

礼拝終了時間からリハーサルをする予定で、ソプラノの高橋さんと11時過ぎに吉祥寺に着く。前日のものすごい雪が凍っていることを予想し、本番前ということと(本番後ならたとえ転んで骨折しても迷惑はかからないから!)、靴とか衣装とか荷物が多いこともあって、駅からタクシーに乗ろうということに。乗り場にいくと、ちょうど1台出たところ。後ろにはタクシーが行列して待っている・・・あれえ?次のタクシーが乗り場に来てくれないよう!近くまで歩いて行って、窓をコンコン。運転手さん、熟睡。すぐ後ろの車の運転手さんもしきりにクラクションを鳴らして起こそうとしてくれる(笑)。乗り込もうとすると運転席の座席が倒れたままで乗れないよう!行き先を言い、地図を渡し、だいたいの位置と行き方を説明するも、寝起きのせいかすぐには通じない・・・・泣。芸能人のトークなどでよく「今日から営業始めたんですよ、という運転手さんに会った」という話をきくが、もしやそのケースだったのか!?
しかし、○鷹交通さんでしょ、吉祥寺や三鷹はちゃんとわかっててくださいね〜。

教会に着くと、礼拝が終わって、皆さんが手作りの昼食(親子丼)をとっていらっしゃるところ。私たちも同じものを頂き、リハをし、2時半開演。ほぼ1時間の軽い感じの午後向きコンサートでしたが、そんな気軽な「名曲アルバム」だからこそ、演奏する側は気持ちがひきしまるのでした。電子オルガンを弾くのも、お客さんに「見られながら」オルガンを弾くのも初めて(ポジティフならいくらでもあるけど)。いつもとちょっと違う緊張感でした。
60〜70人くらいのお客さまだったでしょうか?最後にはお客様と一緒に賛美歌を1曲。皆さん大変元気な声で、大合唱になりました。
日曜の午後、大ホールでも窮屈なビルの一部屋でもない、美しく適度にこじんまりした落ち着いた空間で、誰もがどこかで聴いた事のあるような曲を、ゆったりと楽しんでいただく
・・・これぞちょうど「いいかんじ」の会だったなあ〜、としみじみ。

終演後、教会が用意してくださったお茶とお菓子で、皆さんとティータイム。阿佐ヶ谷教会の友人や、チラシをみて聴きにきて下さった教会関係以外の知人などと楽しく談笑。お世話になった相愛教会の牧師先生ご夫妻や教会員の方々、特にコンサート委員の方達、他にも高橋さんの旧知の牧師先生など、いろいろな方とお知り合いになれたことも、嬉しかったことのひとつです。
いつも、それまで知らなかった誰かと出会うのは、ほんとに素敵だし、そのひとつひとつがほんとに貴い。

夜帰宅して、演奏会で頂いたこの綺麗なお花を水切りして活けながら、そんなことを想いつつ、この一日に出会った人のお顔を順番に思い出していました。
[PR]
by saskia1217 | 2006-01-23 19:14 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217