良心

今日はちょっぴりゆっくりと、家でいろいろな用事を片付けていました。
明日の授業の準備、今週末に講師をつとめることになっているオルガン講座の下調べ・・・などなど。

少し休憩しようとお茶をいれてテレビをつけたら、ヒューザーの小嶋社長の証人喚問の中継。昨日あたりから、ライブドア強制捜査、宮崎被告の判決、そしてこの証人喚問と、大事な動きが立て続けに世の中を吹き抜けている。

椅子にすわってずっと目線を落としながら、次から次へと浴びせられる質問ごとに重い腰をあげて証言(・・?になっていなかったけど)していく小嶋社長の表情や仕草を見ていて、つくづく感じた正直なひとこと。

「あ〜ほんとに、悪い事はするもんじゃないな」

おそらくこの中継を見た人の殆どは、一様にそう思ったに違いない。こんな目にあっているのが自分でなくて良かった、やっぱり悪い事はしないに限る、嫌な事もあるけど真面目にやっていこう・・・

悪い事をしたら、必ず後悔する。人を困らせたら、自分もいつか困ることになる。ひとつ嘘をついたら、それからずっとどんどん嘘をつき続けなくてはならなくなる。人を憎んだら、その憎しみは必ず自分に戻ってくる(←これって、ベートーヴェンが自分の会話帳に書いてるんですね)・・・・・

もちろん「自分が後で嫌な思いをするから、悪い事はしない」というのは本末転倒、主客転倒だ。けれど人間という小心者、本音をいえば誰でも嫌な思いはしたくない。そういう心情を「かすがい」として利用して、今日テレビで見たような人を「反面教師」にして自分の行動を反省、心を新たにするのも、それほど悪い事ではなかろう。

なんてことを書いていたら、思い出した。
よく教育の場などでも、「自分がして欲しくない事は、他人にもしない」という言い方をするけれど、本当は「自分がしてほしいことを、他人にもしなさい」なんだよね。
・・・って、これは聖書の一節だった。どこの教会でどの牧師先生だったかすっかり忘れてしまったけど、たしかお説教で聞いた覚えがあります。
「しない」というゼロの位置から、「する」という一歩進んだ行動に出る事、つまり「プラス」という動き。
なるほどなあ、素晴らしいなあと思う一方、これを実行するのはじつに難しい!
いつでもどこでも「良心」は忘れたくないものです。
[PR]
Commented by 新しい人 at 2006-01-18 16:05 x
まあ、私のブログも見てね。
Commented by 新しい人 at 2006-01-18 16:18 x
さっきコメントしたら、最初のところが出てなかったので、もう一度書きます。
いつも、奏楽ありがとう。君の演奏からいろいろヒントをもらってるよ。
ところで、あの聖書の言葉は、
まずは、「自分が何をして欲しいのか」ということが分かっていないと
「人にもなにともできない」ということになって、この間の説教の無いように繋がって来るよね。
そして、その全体は、
「他人を自分自身として愛しなさい」というイエスの言葉に集約される。
自分を大事にするのも、他人を労わるのも同じことなんだね。
境界線が無くなるんだからね。波動である音楽は、そのことを指し示していると思います。

Commented by saskia1217 at 2006-01-18 23:51 x
わわわ、びっくり。見つかってしまったようですね。お寄りいただきありがとうございます!
礼拝では何度か、上方よりお姿をお見かけしておりました。奏楽は、いくつかの制約があったり、皆さんのテンポにそぐわなかったり、新米の私にはまだまだ難しいことが山積みです。
「自分が何をしてほしいか」は、たくさんありそうだけど、じつは窮極何もないと言えるのかも・・・ん〜、難しい。
そちらにもお邪魔しますね。
by saskia1217 | 2006-01-17 17:13 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(3)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30