チェンバロたちとワタシの日

今年で5回目を迎えた、日本チェンバロ協会、年一度の最も大きなイベント・・・
「チェンバロの日!」

昨年まで運営委員をしていたので、この2日間はいつもスタッフ仕事。
だからコンサートやレクチャーを聴いたり、展示楽器を試奏したり・・・そんなこと全くできなかった。
なので、委員をお休みしている間は、このイベントをお客さんとして楽しみたい!
・・・と思っていたが、そうはいかなかった(笑)

まずコンサートの依頼。
フローベルガー生誕400年ということで、プログラムの半分をフローベルガーに。
イタリアンを使ってトッカータ、強くて、いい感じでまろやかで、とっても弾きやすい楽器。
トークしながら、あとは安達さんのフレンチで、J.ブル、L.クープラン。
80人ものお客様をお迎えし、隣接する楽器庫との境のドアを開けてようやく開演できる状況に。
最前列のお客様はもう、手を延ばせば届くラインに座っていらっしゃいました(苦笑)
想定内とはいえ、まー自分のところには響きが来ないこと!
響いているもの、と想像しながら弾きました(笑)
真面目に、真剣に聴いて下さるようなタイプのお客様だったかなー。
楽しい1時間。

夜は懇親会。
製作家の久保田彰さんのお知り合いで、茗荷谷のイタリアンのシェフが腕をふるってくださった。
美味しかったな〜
そして、コンサートを聴いてくださったお客さんと交流したり。
留学中よくドイツからオランダへ遊びに行っていた頃、アムステルダムで仲良くしていた友人夫妻にほぼ25年ぶりで再会できたり。
お料理はそれはもう美味しかったよ。

1時間とはいえソロの本番をやってかなりグロッキーだったが、今朝は7時起きし、朝から受付業務に参加。
昨日のコンサートを聴いて下さったお客様が、何人か声をかけてくださいました。

毎年、1年前から大勢の会員の働きによって実現しているこのイベント。
今年の「チェンバロの日」は如何でしたでしょうか。
また来年、緑が目にしみる同じ季節にお会いしましょう。
e0081334_22202072.jpg

e0081334_22191510.jpg

e0081334_2218368.jpg

e0081334_22164575.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2016-05-15 22:26 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30