続いてゆくもの

内戦の混乱下で流出し日本で保護されたアフガニスタンの文化財たちを、いま東京藝大美術館・陳列館で無料で観ることができます。

鮮やかな色彩で石に描かれた、大きな目をしたたくさんの小さな仏様たち。
ギリシャ風の彫りの深い顔立ちの、ヘレニズムの仏頭や動物の頭。
ヘレニズム仏像、好き☺️

2階には、タリバンによって破壊されたバーミヤンの大仏壁画「天翔ける太陽神」の原寸大・3Dの再現。実際の洞窟とそこから見える景色を忠実に。
大日如来と太陽神アポロが融合したようなイメージの「神」の足元には、これまたギリシャ神話を思わせる8頭立ての馬車。
壁の摩滅具合、手触りも実際に触れて感じることができる。

目に見えるモノ、人間が作ったモノ…それはいつか必ず滅び、永遠に存在することはない。わかってはいるけれど、それでも人々が作り上げてきたものの何と美しく、強く、そして恐ろしく饒舌なことだろう!
モノ、存在、所有に執着することはたしかに愚かだろう。
残す、守る、伝える…利欲とは一線を画す尊さに、思いを馳せる。

6/19(日)まで
東京藝術大学アフガニスタン特別企画展
バーミヤン大仏天井壁画
〜流出文化財とともに〜
東京藝術大学大学美術館・陳列館
入場無料

展覧会専用HP
http://www.bamiyan-hekiga.com/
e0081334_23014341.jpg

e0081334_23014391.jpg

e0081334_23014448.jpg

e0081334_23014486.jpg


e0081334_23014509.jpg

e0081334_23014588.jpg



e0081334_23014689.jpg

e0081334_23014630.jpg

e0081334_23014681.jpg

e0081334_23014751.jpg




[PR]
Commented by めぐみ at 2016-06-15 06:33 x
アフガニスタンもいい作品が多いよね。私も行ってみたいけど時間がない~(>_<)
by saskia1217 | 2016-04-21 22:54 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(1)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217