ドラム


昨日、今週金曜本番の桜美林大学のハイドン「四季」のリハでご一緒した歌手のお一人から、Steve Gaddというドラマーをオススメしてもらった。
ので、家に帰ってからさっそく、You Tubeで捜してみた。

ドラムのこと、あんまりよく知らない私にはまたまた吃驚。
おー、なんか「歌ってる」ドラム。
ソロも素晴らしいんだけど、なんだろ、いつも見慣れてる(笑)激しいアクションや汗や太い腕・・・とかいうんじゃないんだよね。
当たり前、なのだけど。

たぶんこの人、ドラムの神様みたいな人だそうだし、きっとものすごいテクニックの持ち主なんだと思うけど、何か身体の使い方が自然で、無駄なアクションがちっともない。
激しいときでさえ。
身体の中から出て来ているのは、リズムだけじゃない。
メロディーもハーモニーも出てきてる。

ソロをやってる映像もすばらしいのだけど、それよりも、他の楽器とセッションしてるときのほうがその良さがわかりやすい。
ギターやサックスなどメロディーを持つ楽器と一緒にやると、「それにリズムがプラスされてる」んじゃなくて、まるで同等のメロディーとして溶け込んじゃう。
「同じメロディー」じゃなくて、もうひとつ別のメロディーとして。

ドラム、ドラマーって、私の乏しいイメージからはどちらかというと、ライブ中ずっと体力を限界まで使うような激しいイメージ・・・のほうが強い。
好きなバンドのドラマー、くらいしか意識して聴いた見たことがないからなあ。
エレカシのドラマー、冨永義之さん(トミ)のドラムを私は大好きで、技術的な事とか楽器のこととかよくわからないのだけど、なにしろ長いライブぶっ通しで全力で叩いてるところばかり見ているせいか(視覚的な取り込みのほうが強い?)、そして宮本さんに「オラオラオラ、もっともっともっと!」って吹っかけられてるシーンばっかり見ているせいか・・・(笑)。
もちろん、トミだって曲によってシーンによって、じつに叙情的に叩いてるのだけど、そんな場面ではやっぱりミヤジの歌ばかり聴いちゃってね。
・・・っていうか、たぶん違うんだよ、持ってる「味」がね、もちろん。
トミとガットさんは。
(ってかその2人しか知らないので、安易に較べるのは色々失礼だな)

ガットさんのドラムをセッションで聴く良さはたぶんもう1つあるような気がする。
拍、小節、フレーズ、それぞれいっぱいいっぱいにとるところ。
私はじつは、宮本さんが叩くドラムがとても好きなんだけど、リハ中に冨永さんをどかして「ほらこうだよ、こうやるんだよ」って叩くときの、同じ曲なのにトミとまっったく違う拍の取り方、いや、なんていうのかな、与えられてるひとつひとつの時間いっぱいいっぱいに、もう髪の毛ひとすじの差で遅れちゃう、くらいの・・・あの絶妙なタイミング。
うまいなあ、と思う例えばダンサーさん、バレリーナ、なんかもそう、いっぱいいっぱいにとる。
あれととてもよく似てる。

そして。
私がよく弾くチェンバロは、アンサンブルの中では、おそらく役割の半分以上が「リズム楽器」なのだと私は認識している。
そう、ドラムなのさ。
自然体で、皆を牛耳るリズム隊の、本当のカッコ良さに憧れる。
めざしたいね。

[PR]
by saskia1217 | 2015-11-11 01:06 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30