福がもっといっぱい

散歩のつづき。
e0081334_22284912.jpg

人形町通り、空腹で歩いていると美味しそうな匂いが辛い。
いやいや今日の目的はパン屋さんでランチだから・・・
しかもなにやら素敵っぽいお寺とかがある。
いやいや今日はお寺はパスしないと(笑)。

末廣神社。毘沙門天。
このあたりは旧・吉原だったから、遊郭の氏神様だったらしい。
ここも緑が美しかった。
「廣」の字みっけ!
でも1本少ないバージョン(笑)。
それぞれの神社の手水舎には手拭がかけてあることが多いのだけど、その手拭の柄がまた楽しくて。
ここのは干支の性格判断で、ついつい読みふけっちゃった。
「は組」!
e0081334_22311829.jpg
e0081334_22313633.jpg

e0081334_22315235.jpg

さて、久松町方向へ。
清澄橋通りに出るちょい手前にあるのが、笠間稲荷神社東京別社。七福神・寿老人。
名前のとおり、笠間藩下屋敷の邸内社だったところ。
この日一番心に残ったもうひとつの神社。
大通りに面しているのだけど、なんだか不思議な静謐さがあって、とても凛としていて。緑が美しく、静か。
お社に隣接する、民家みたいな社務所には神職の方がお一人、静かに座ってらした。
e0081334_22395732.jpg

e0081334_22402223.jpg

e0081334_22404015.jpg

さて、やっと水天宮まで来たぞ。
今は仮宮なので浜町にある。
ま、いかにも仮宮、って感じですが、平日でも安産祈願の妊婦さん、赤ちゃんのお宮参りなどで賑わってた。
ここは弁天様なので、ちょっとチカラが入る(笑)。
e0081334_22431139.jpg

e0081334_22432564.jpg

さて、パン屋さんに行く前にあと2つ、小さいところを訪ねよう。
・・・と歩いていたら、とあるギャラリーの前を通りかかった。
あ、この間テレビで拝見して感動した、篠田桃紅さんの個展やってる!
なんという偶然。
すぐに中に入って、数点の作品を鑑賞。色、線、影。もともと書家でいらして、後で画も取り入れられたというのがわかる気がした。
存じあげたばかりで生の作品を拝見したことがなかったので、本当にタイムリーだった。まだそれほどたくさん観てはいないので何とも捉えられていないのだけど、これから少しずつ観ていきたいと思っていた矢先。
お弟子さんとおぼしき係の方と少しお話をし、著書を一冊購入。
今後、都内のデパートなどでも個展のご予定があるとか。
103歳。個人差があるとはいえ、もうなんというか・・・ちゃんとやらねば、自分!
e0081334_225089.jpg

ウキウキしながら歩き出す。
あら、日本橋教会ってこんなところにあったのね・・
いやいや、今日は教会もスルーさせていただく。
e0081334_22521624.jpg

大廣神社へ。
本日二度目の「廣」!
ここも素敵でした。ビルとビルの間に挟まってる神社って、ちょっとキュンとする。
e0081334_2253286.jpg

e0081334_2253541.jpg

けど、これは「ビルの中?前?」にある、濱町神社。
e0081334_23261531.jpg

トルナーレっていうビル。
しっかりと建ってるお社なんだけど、周りの景色や佇まいのせいか、ちょっぴり無機的、殺風景な・・・。
やっぱり神社には緑、木が必要なんだよなー。

おー、はたして、やっとパン屋さんへGO!
お昼を大きく過ぎていてもう空腹の極致。
新大橋通りをてくてく。
ふと目を上げると、確かにどっかで見たことのある字が目に飛び込んできた。
あれー、これは、これはどうみても…
e0081334_23251623.jpg
書の安田師匠の字でしょう⁉︎

果たしてそうだったわけだけど・・・
吃驚!まさかこんなところで(笑)。
お料理が美味しいベルギービールのお店だそうで、まだお昼で開店してなかったのが残念。
いつか夜、行ってみたーい。

そんなわけで、やっっっっとパン屋さん到着(笑)。
この日の本来の目的はここ。
e0081334_2325655.jpg

「タンネ」は人形町にもお店があったとき、数回買いにいったことがある。
東京ドイツ文化センターやドイツ大使館でパーティーがあったとき、あまりにドイツそのもので美味しいパンだったので、どこから仕入れるのか尋ねて知ったお店。
今は浜町だけなのだけど、最近カフェも改装されてギャラリー風に。
日本で食べられるドイツパンは私が帰国した頃から随分と増えたけれど、やっぱり「これだ!」と思うものは少ない。ノスタルジーなのかもしれないけど、やっぱり食べたくなるのよ、ライ麦ガッツリとか、横にナイフ入れて半分に割ってたべるカイザーとかブレートヒェンとか、モーンクーヘンとかシュネッケとか・・・。
軽くサンドイッチを食べるつもりで行ったのに、結局誘惑に負けてランチセットのカレーヴルスト&パン食べ放題(笑)。
コーヒーに、アプリコーゼクーヘンも。
食べ過ぎだろー。
おまけにリュックいっぱい、パンを買って帰ってきましたよ。
ホントは近所にあったら毎朝買いに行きたいのになー。冷凍保存でガマン。
e0081334_23242559.jpg

e0081334_23243729.jpg

さて、英気を養って七福神の残りの三社へ。
幸いなことに陽が延びて、夕方でも少し明るい。神社は明るいうちにいくものなので助かる。

松島神社は、ビルの1階にすっぽりと組み込まれてた。七福神・大黒様。
駐車された赤い車と、不思議と溶け込む。
e0081334_2339182.jpg

e0081334_23314542.jpg

水天宮駅を通り越して、これまたビルの一角に茶ノ木神社。七福神・布袋様。
ビルの一部っぽいけど、ここはまた趣があっていい。
その名の由来となったお茶の木が植え込みになってる。
お狐さんもカワイイ。
e0081334_23371235.jpg

e0081334_23372821.jpg

e0081334_23374130.jpg

いよいよ、七福神はあと1つ。
その前に通りに面した、大きな銀杏の樹々がひと際こんもりと目立つ神社の前を通る。
銀杏八幡宮。
なんて素敵な名前なんだろう。
境内には八幡宮と、お稲荷さん。
ひんやりとした境内の地面は、銀杏の根っこでデコボコしていた。
e0081334_2341589.jpg

e0081334_23411757.jpg

e0081334_23413094.jpg

そして、首都高が見える小綱町の小綱神社へ。福寿録と弁財天。
ここもまあ、なんというか、ビルの谷間にちんまり収まってる。
東京銭洗弁天、とも言われてるらしく、小さな境内にはお金を洗うザルが置いてあった。
お社は古くて彫刻が素晴らしく、隣りの神楽殿では職人さんが何やら作業をしていた。
少しずつ、直しながら、だいじに守っていく建物。
e0081334_2344295.jpg

e0081334_23444224.jpg

この日はここでゴール!
15の神社、楽しかった。
ほかにもゴロゴロあるこの辺りの神社、小伝馬町より北、昭和通りより西は、また次回、機会があれば。

思いがけないいろんなものに出会った一日。
嬉しいこと、すばらしいこと、綺麗なモノ、美味しいモノ、親切な人。
ありがたいことばかりだったな。
ご縁に助けられて過ごす毎日。

またいつか、お散歩日和に。

[PR]
by saskia1217 | 2015-06-09 23:50 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31