福がいっぱい

散歩はいつも交通機関を使わない。
だけどたまには、ちょっと遠くの、普段あまり行かない知らない場所も歩きたい。
だいすきなドイツパンのお店「タンネ」が浜町にあるので、ついに行こう、行くならそのまわりの神社を回ってみよう。

・・と思い立って、小伝馬町から出発。
今回初めて、このあたりのいくつかの神社に「日本橋七福神」という名前がつけられてるのを知った。
そこだけだと小一時間でまわれてしまうくらい、ご近所同士。
江戸時代は武家屋敷ばっかりで、その敷地内にあって一般庶民は参拝できなかったお稲荷さんなんかもたくさんあったり、それぞれの藩の地元の神様を持って来たり、屋敷の移転で神社も一緒に移動したり・・・なんか色々面白い地域。

小伝馬町からまずは人形町方向に向かい、そこから東へ水天宮の仮宮をまわり、浜町から水天宮駅を経て小綱町で締めようかと。
このあたりは神社が本当に多いので、区画を決めて訪ねないと、足を伸ばして大変なことになりそうだったので(笑)この日は通りを区切って、その向こう側にはゼッタイに行かないようにした。

寶田恵比寿神社。七福神。恵美須さま。
ちょうどビジネスマンのランチタイムの時間帯、白いシャツ姿の男性たちで賑わう通り。この、一見呑み屋にも見えなくもない(!)神社にも、商売の神様に長いこと手を合わせる男性たちがちらほら。
e0081334_21471716.jpg

e0081334_21484198.jpg

人形町通りを隔てたビル街の中にヒッソリあった、池州神社。
入り口の表示がないとちょっとわからない。
e0081334_21503820.jpg

e0081334_21504719.jpg

いつも思うのだけど、町の名前って昔からのものは本当に素敵。
字を見るだけでウットリする。
見ただけで、ここがどんなところだったのかがわかる町名って、無くさないほうがいいと思う。
e0081334_21524252.jpg
e0081334_21521240.jpg

スカイツリーはあっち。
e0081334_21531585.jpg

こまこました小さな呑み屋、呉服を扱う店、昔のすてきなビルディング。
e0081334_2154419.jpg

歩きながら、いろんなモノが目に入ってきて忙しい(笑)。

次に出会った七福神、椙森神社。江戸時代の古地図では「杉ノ森イナリ」。ここも恵美須さま。
一千年の歴史のなかで江戸の商人たちから愛された「富籤」で有名なところ。
手水舎の脇には富塚があります。
白くてとてもさっぱりと整えられたお社と境内。
この地で働く人たちの休憩、そして通り道。
拝殿前には、私が行く前から一人のビジネスマン風50代後半とおぼしき男性が熱心に手をあわせていて、しばらく待っていたのだけど終わらないので(笑)しずかに並んでお参り。私の次に来た女性も暫く待っていたけど、諦めて横でお参り(笑)。15分後くらいに私が立ち去るとき、その男性はまだ同じ姿勢で祈っていました・・・宝くじでも買ったのかなあ。
e0081334_21593163.jpg

e0081334_21594279.jpg

e0081334_21595540.jpg

てくてくと歩き続ける。
地図、古地図、そしてスマホの地図アプリ。
GPSはホントに散歩に便利。

ふと、ガラス張りのギャラリーのなかにこんな看板が。
e0081334_2251862.jpg

何なのかよくわからないけど何か字のことなんだろうと飛び込んだら、字体を自分で作って独自のフォントを編み出す、ということをやった人たちの展覧会らしい。
作るまでのプロセスも展示されてて、興味深かった。
サンプルを載せた冊子をいただいたり、写真を撮らせていただいたり。
う〜ん、歩いてるといろんなオモシロイものがあるんだなあ。

次に辿り着いたのは、富澤稲荷神社。七福神ではない。
「伊勢屋、稲荷に犬の糞」とはよく言ったものだよ、ホントに(笑)。
しかしどこのお稲荷さんも、小さいながら綺麗に清められ、水が撒かれ、草木や花で囲まれ、新しい油揚げが供えられて、地域の人にとてもだいじにされているのがよくわかる。
なんか・・・いいよね。
「澤」の字、はっけん!!
e0081334_22104711.jpg


富澤稲荷から人形町通りに戻る途中の、それはそれは小さな路地にあるのが三光稲荷神社。
あまりに小さいからなのか、入り口がかなり目立たせてある(笑)。なんとか横丁、みたい。
e0081334_22142617.jpg

だけど、この小さな小さな神社は、紫陽花やら草花やらが周りに綺麗に咲かせてあり、お社のなかにも灯りがともって本当に美しかった。
狛犬も気に入った!
この日回ったなかで、一番印象に残った神社。
「は組」!!
e0081334_22163692.jpg

e0081334_22164563.jpg

e0081334_22165284.jpg

そしてそのすぐ近所、毛抜きの老舗「うぶけや」さんのちょうど裏あたりにあるのが、橘稲荷神社。
もとは将軍家御典医・岡本玄治の屋敷内にあったものらしい。
このあたりの稲荷たちは、皆古地図に出ている。
この神社、隣りのビルの喫煙所の真隣りとあって、ものすごーく煙い(苦笑)。
お昼休みだったからなおさら。
見守るお稲荷さん、微笑ましいや。
e0081334_22224612.jpg

e0081334_2223016.jpg

さて、人形町までやってきた。
ここは小さい頃から時々来るので、見覚えのある町。
しかし、たいした距離じゃないのに、すでにいくつもまわったなあ(笑)。

つづく。
[PR]
by saskia1217 | 2015-06-09 22:23 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31