八雲たなびく〜最終回〜

出雲大社前から空港行きのバスに乗る予定だったが、ちょっと訪ねたいところがいくつかあって、手前の稲佐の浜で降りる。
休日なのに弁天岩のまわりにも、砂浜にも、ほとんど人がいない。
どういうこと?

砂浜に打ち上げられた太いロープの渦の上に腰掛けて、しばし海をぼーっと。
スマホでこれから行きたい場所の確認。
用意してきた地図と合わせて・・・しかしGPSって便利。
浜に面した民家の細い道へ入ってみる。
予期せず「屏風岩」に行き当たる。
これは「国譲り」のとき、高天原から使わされた武甕槌神がこの岩を背にして大国主命と話し合ったと言われるところ。
こうやって、ひとつひとつの場所やモノに謂れが残っているのって、ほんとにおもしろい。
e0081334_22191497.jpg

歩いていると、「因浜神社」の立て札。
行ってみよう!
山のほうに坂を登って行くと・・・
e0081334_21342675.jpg

あった!
でも、改修中で武甕槌神は「上の宮」にお引っ越し中。
e0081334_21363427.jpg

なーんだ。
でも今からそこを訪ねるとこだったんだ、ちょうどいい。

出雲大社の摂末社は、境内内・外にいくつもあるけれど、そのうち結講重要な「上の宮」「下の宮」の小さなお社を見ておきたかった。
再び民家の間を縫って歩く。
このへんの筈なんだけど・・・小さすぎてわからないのかなぁ?
ちょっとぐるぐるして、庭先で洗濯物を干していたご婦人に声をかけてみた。
はたして2つのお社はすぐそこだった。
そして「あ、でも『上の宮』は今はだあれも神様いませんよ」とニッコリ。
そう、「上の宮」は神在月に全国から集まった神様たちが「縁結び」(人間の全ての縁)の相談をする場所。
「はい(笑)、場所だけ伺ってきます!」と、御礼を言って歩き出す。
なにこのリアル「ぶらり途中下車の旅」は(笑)。

突然見つかった「下の宮」、天照大神をお祀り。
この路地、視線の先に稲佐の浜がちらっと見える。ごくごく普通の、人々が暮らしているただなかに、当たり前のように鎮まっている。
ここに生まれ暮らす人にとっては、空気のように。
e0081334_21465767.jpg

e0081334_21461040.jpg

そこからものの1分も歩かないところに「上の宮」。
素戔嗚尊をお祀り、そして目下さっきの「因佐神社」の神様の仮住まい。
ただいま改修中、たくさんの大工さんが一生懸命作業をする音。
全国から神様たちをお迎えする神在月までに、きっと新しく綺麗なお社になるんだろうな。
e0081334_2148618.jpg

そしてそこから、大社に向かう車道に出る角に「大歳社」。
大歳神は素戔嗚尊の御子神で、田畑の守護神。穀物を守ってくれるらしい。
遠くに弁天岩をのぞむ。
e0081334_2159538.jpg

さて、そろそろ行かなくちゃ・・・
と、歩き出すも、大社への道の両側にはもう、神社やら記念碑やらお墓やら、ひとつひとつ見ていたら永遠に着けないという具合。
途中、出雲阿国にまつわるところだけ数カ所、猛スピードで見学。
汗だく(笑)。

出雲阿国の記念塔には、名だたる歌舞伎役者さんたちのお名前が刻まれた石。
芸の上達を願ってご供養・ご寄付されたというわけ。
e0081334_2221492.jpg

e0081334_225331.jpg

見晴らしのいい展望台にもなってる。
町も山も浜も綺麗。
e0081334_2253981.jpg

次にひっかかったのは(笑)阿国のお墓。
e0081334_226431.jpg

e0081334_226393.jpg

地元の方が普通にお墓参りをしているそばに。
しずーかに手を合わせてみる。
そういえばこの地の墓地、墓石のてっぺんが山型になった神道のものを、ふつうより多く見かけた気がした。やはり土地柄なのだろうか?
大社にほど近い道脇には、所縁の「連歌庵」も。
e0081334_2282154.jpg


2日目も、歩いた歩いたー!
行きたい場所の数からいったら、たぶん1/10くらいだったけど、それでもじゅうぶん気持ちが満ちた2日間。
ほんとは1ヶ月くらい居て、今回「忘れてきた」モノ・・・日御碕神社のお砂(もとめるのをすっかり忘れちゃった!)、大社の摂末社で見ていないところ、大社奥の一角に残る古い街並・・・そんなものをまた、訪ねたい。
何かを残しておくほうが、きっとまた再び訪ねることが出来る、っていうもの。
ああ、ホントは神在月に行ってみたいなあ。
e0081334_22191276.jpg

大社という、あれだけの何か大きな存在と、その周りでずっと暮らす人たち。
海、山からの恵み、神話・・・それがすべて溶け込む日常。
ほんの2日でも、そのニオイくらいは感じた気がする。
最後に(これは忘れなかった)「出雲ぜんざい」を食べて、空港行きのバスに乗る。
空港のラウンジで「あ〜つかれた〜」と椅子の背にもたれたら、天井の「八雲」が目に入った。
そんなところまで・・・すべてが「出雲」。
すべてが「ご縁」。
e0081334_2219451.jpg

すべてはそこから始まり、繋がって、絡み合って、きっとまたそこに戻ってくるんだろうな。
この旅の、たくさんのご縁に感謝。
そして大社さんで想いを馳せた、今までの、今の、そしてこれからの、すべてのご縁に感謝を。
憧れの場所に、どうかまた来ることが出来ますように。
e0081334_22211238.jpg

e0081334_22224962.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2015-05-07 22:23 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217