セッション

爽快だった。
いっぱい流血(!)してたけど。

映画「セッション」を観る。
(ネタバレしてます!!)

気になっててゼッタイ行こうと思ってたのが、SNSで知人友人が色々感想書いてたのを見た今日のタイミングで、仕事帰りにぴゅーっと。
有楽町でレディスデイ。

なんかミュージシャンとか音楽評論家とか、賛否両論らしい。
映画の広告にある誰か他人の絶賛とかは、一切見ないのだけど、そんなウワサ。
私は好きだったな。
ジャズとか、バンドとかにはまったく暗いのだけど、面白かったし、すごくよく出来てたなー。

見始めてしばらくは、「鬼教師」フレッチャーのスパルタぶりに妙な懐かしさを感じたりして、小気味よかった。
こんな先生っていたよなー。
昭和のピアノの先生とか(音楽的根拠や愛の無い、理不尽だけの人も多かったけど)、ヨーロッパによくいる厳格な教授とか。
あそこまで流血は無いにしても、音楽のレッスンなんて案外体育会系だし。スポ根真っ青ですよ。
規律、根性、不屈・・・実際今だって、現場じゃあ重要な要素だよね。
フレッチャーの「世の中甘くなった。ジャズは死んだ、といわれるわけだ」というセリフは、ものすごくリアリティあったよな。

完璧を求めるのもごく普通のことだし。
すごいと思ったのは、彼が「レッスン」で言ってることが全て「理に適ってる」こと。
音楽のことも、それに対する姿勢に関しても。
仕事の場で、また日常、楽譜は命より大切とか、あるあるですね(笑)。
確かに人の命に関わってくるほどになると「やりすぎ」?かもしれないけど、それほど「狂気的」なことだとは感じなかったかも。
そしてレッスンのシーンで、遅い、速い、遅れる、テンポが乱れる・・・その一回一回が実際本当にそう演奏されてたことにも吃驚。
ものすごーく微妙な差しかなかったんだけど、そのあたりのこだわりがすごい映画なのかなと。

・・・と、フレッチャーにめちゃくちゃ共感しながら観ていたら、そのうち彼が自分の生の根本である「音楽」を「個人的恨み」の土俵に引き摺り下ろして利用している状況に、なんだこれはー!ってなってきて。途中からもうずっと「仕返し合戦」みたいだったし。
そのあたりが、この映画に否定的な「ミュージシャン」たちの怒りに触れたのかも。
最後の最後までそれが続いて、ラストで生徒・ニーマン君がソロ叩きまくったシーンはさすがに爽快だったなあ。
ドラムってホントになんてかっこいいんだろう。

幕切れ。
結局のところ、彼らは本当にあれでわかりあえたのだろうか?
二人の目が合って、少しニヤッとしたのは果たして?
いったいどっちが「勝った」のか?
ニーマンはあれでついに「不屈の精神」を身につけたことを証明してたから、彼の勝ちかもしれないが、じつはそれはもしかしたら教師フレッチャーの希望・目的が叶ったことにもなる?
一人のミュージシャンを「育て上げた」?

うーん。
普段あんまり「音楽」をテーマにした映画って観ないのだけど、たまにはいいね。
明日から急に「超厳しいレッスン」になったりしないように、気をつけようっと。
なんか・・・なりそうなんだもん(苦笑)。

こないだ観た「インターステラー」と、今日のこの映画の間にみた面白い1本については、また今度。
映画って、元気になるから、いい。
[PR]
by saskia1217 | 2015-04-23 00:58 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)