東京塔

e0081334_22125544.jpg

4歳か5歳の頃、父の職場が浜松町だったとき、一度だけ母に連れられてそこを訪ねたことがあった。
自分では何も覚えていないけれど、母が縫ったワンピースを着て父の大きな机の前に座って首だけ出している写真と、もう1枚、増上寺の境内で自分の顔より太っていそうなハトを追いかけている写真で、そうとわかる思い出だ。
e0081334_22161291.jpg

たぶんそれ以来だったろう、クリスマスの数日前に、母と一緒に東京タワーに昇った。
涙が出るくらい青い快晴の空をバックに、綺麗に塗装され直されたあの朱色が眩しい。
夜は夜で、間近でみるライトアップは迫力があった。
一番上の展望台に行くまで殆どはエレベーターだが、一部少し階段を昇らねばならないところがある。私は何も考えずスタスタ階段を昇っていたが、ふと見ると母はすっかり息を切らしていた。たった20段くらいの階段だったけれど、ああ、たしかに母もそんな歳なんだと、あらためて思ったりした。
スカイツリーが出来たとき、両親と昇ったことがあったが、その日はものすごい悪天候で(その頃はまだ全て予約制で日にちの変更も出来なかった)上まで行ったらまわりはただの真っ白だったから、こんなに見事なピカピカな空の日に来られたことが嬉しかった。
e0081334_2216244.jpg

いろいろな言葉を話す海外からの観光客、若いお父さんお母さんに連れられた小さな子供たち、友達の誕生日当日に一緒にお祝い登頂(!)をする仲良し女子2人組・・・
e0081334_22192327.jpg

e0081334_22234724.jpg

e0081334_2224184.jpg

360度。
真下には増上寺と、何度も来た丸山古墳、すぐ向こうには浜松町、新幹線・・・
目を上げると、スカイツリー、六本木ヒルズ、新宿副都心、池袋のサンシャイン、竹芝桟橋、レインボーブリッジ、海ほたる・・・
そして。
富士山!
白いあたまの富士山!
e0081334_22165931.jpg

e0081334_22172827.jpg

いくら見ていても、窓から離れられない。
吸い込まれるような美しさと威厳があった。
すごいなー、富士山。

私は高いところがほんとうに大好きなので、世界中どの国のどの街にいっても、教会でもビルでも塔でも、そこにある一番高い建物に昇るのを楽しみにしている。
東京タワーは今日ではもう、それほど「高い」ほうには入らない。
けれど、ここの「ガラス床」はスカイツリーのよりもなんだかキレがいい。スカッとする爽快さがある。
何度も何度も踏んで喜んでいたら、周りにいっぱい人が集まってきて「怖くないんですか〜〜?」と訊かれる始末(苦笑)。
「乗っちゃえば意外と平気ですよー、ぜひぜひー!」ってオススメ(笑)。
e0081334_22291192.jpg

ゆっくり観て、ゆっくり降りて。
残念ながらノッポンの本物には会えなかったので、これと記念撮影。
e0081334_22305199.jpg

e0081334_22311650.jpg

(これを観ていた子供が「あー、ぼくもココで撮るー!」とお母さんにおねだりしてた・・・笑)
外へ出たら、タワーの周りの紅葉が見事。
どこかの渓谷に来たみたい。
嬉しくって、走り回って、撮りまくってしまった。
e0081334_2304557.jpg


e0081334_22511042.jpg

e0081334_22352489.jpg

e0081334_2236734.jpg

e0081334_22354498.jpg

都心とは思えないスッキリした空気と、色と、光と。
素敵なブランチもふくめ、いい一日。
塔、いいな、やっぱり。
どこか、また昇りにいこう。
e0081334_22365261.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2014-12-26 22:37 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217