思い出

とっても珍しいことに、ここ数日ちょっとイベントが続き、ブログ更新が滞っています・・・
ん〜、ブログって大変だ(笑)。

昨日は、ドイツ留学時代の後輩のお宅にお呼ばれしてきました。彼女はドイツ留学から帰国後、しばらくしてからご結婚されて、その後またアメリカにいらしてました。3年たって、最近帰国され、昨日は本当に何年ぶりかでお目にかかったのでした。
(彼女のブログは右の「お友達のページ」の「チェンバロ弾きのひとりごと」。どうぞ訪ねてくださいね)

JRの駅からほど近い素敵なお宅にお邪魔すると、留学時代そのままの彼女のテイストで美しく整えられたお部屋が・・・一目で誰のお宅かわかる、という感じで思わずうなづいてしまいまいした(笑)。

お茶をいただきながらしばらくお話。私にはまったくの未知の国、アメリカのお話を伺ったり、ドイツ時代の思い出話に花が咲き、あっという間にお夕食の時間。
彼女が朝から一生懸命手をかけて準備してくださったであろう、心のこもったお料理が次々と登場。アメリカのアンティークショップで見つけたという素敵なシャンパングラスや、ピカピカのディナーセットも目を楽しませてくれました。

メニューは、熱で溶かしたカマンベールがのったグリーンサラダ、ホタテとコーンのスープ、お野菜もたっぷりの煮込みハンバーグ、サフランライス。それにフルーツやコーヒー。美味しいシャンパンもいただき、おまけに最後にはナポレオンのVSOPを!
お腹も一杯、おしゃべりも目一杯、本当に楽しい時間でした。
抜群のお味の煮込みハンバーグ↓
e0081334_16255.jpg

大切な人はたくさんいるけれど、留学時代、特にドイツの同じ街での生活を共にした先輩や後輩、また同時期にドイツ留学した同年代の友人たちというのは、私にとっては本当に特別な、とりわけ大事な人たちです。思い出すだけで胸がいっぱいになるような、たくさんのいろんな思い出を共有しているからだろうし、それぞれその形は違ってはいても、ドイツに対する計り知れない愛情をやっぱりみんなが持っている、何年経ってもそんな感覚を引き出しから取り出して語り合うことができる安心感と共感、それはとても大きい。

すべて過去になってしまったシーンだけれど、それはやっぱり永遠に心に残っています。
[PR]
Commented by よこよこ at 2005-12-22 21:30 x
私も合計3週間くらいWurzburg(あ〜ウムラウトが出ない)の
住人でした。お二人にはお世話になりましたね。懐かしいです。
Commented by saskia1217 at 2005-12-23 01:35
よこよこ様
あ〜、近いうちに3人でお会いしたいですねえ。よこよこさんが東京にいらした時にでも、御一緒に家で宴会しましょ!
by saskia1217 | 2005-12-22 01:06 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31