今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

サイン

e0081334_0143845.jpg

いろんなところに演奏会によんでいただいた時、自分のCDジャケットや色紙や記念帖などに、サインや「なにかひとこと」を書いて下さい、と言われることがよくあります。

昨日の高円寺でのソロ・コンサート終演後も、たくさん書きました。
最後に大きなサイン帳を手渡され、
「余白ができてしまったので、ここになにか漢字一文字で今日の印象を」と。
そして、出て来たのは筆ペン。

お。
ふ、筆じゃん、いや筆ペンじゃん。
んー、なんだかいつも書楽家のお稽古でやってるお題みたいだなあ、とちょっぴりニンマリしながら考える。

台風の大雨だった昨日。
個人のお宅のリビング、コンサートで弾いてるあいだじゅう、雨音が耳に届いてきた。
それもまた、オツなものだったのですけど。

雫、と書きました。

筆ペンは、その大きな余白に書くにはあまりに細く小さすぎた。
昨日の雨は、「雫」といえども、いやいや、あの大きさではとてもとても足りなすぎた。
太く大きな文字を書こうとして、筆ペンというツクリモノの限界をすっかり忘れて、紙に思いっきり押し付けちゃって、それ以上いかなくて吃驚したりして。

気持ちに歯止めをかけるモノ、ってムズカシイな。
先に形と制約があって、それを使いこなすってムズカシイな。
[PR]
by saskia1217 | 2014-10-07 00:38 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)