赤い靴

昨夜、横浜の黄金町というところに初めて行った。
暗くなってから辿り着いたので、2年に1度くらいしか乗らない京急という電車の、その小さな駅に降り立ったときは、そばを流れる黒くどよんとした川や、よくわからない小さな店や、闇につつまれた街がなんだかとても映画チックだった(笑)。

そ、映画観に行きました。
横浜シネマ・ジャック&ベティーにて「横濱キネマ・カーニバル」
全国の6つの映画祭がセレクトしたインディペンデント映画16作品+横浜を舞台にした新作8作品、だって。
e0081334_18271449.jpg

いろんな組み合わせで上映されてる中で、武子直樹さんという監督さんの「赤い靴、」が含まれる回を。以前、お友達が出ているので観たこの監督の映画がとっても良かったから、その作品をまた観たいなあと思っていたら、今回は横浜ってことで。

短(中)編5本。
ミニシアターっていいよね、やっぱり。
ここでも他に素敵な映画いっぱいやってるみたいだった。
20時15分開演という時間にしては20人くらいはいたかなあ。みんなヒッソリ観ていて落ち着いてていい。
前回行った時も短編数本をまとめて観て、いくつかいいなあと思ったものがあったのだけど、今回は残念ながら他の監督の作品でそう思えたものは無かったかな。
5本とも、横浜を舞台にした若手の監督さんたちの作品。

映画って、小説や作曲もそうだけど、まるっきりの自由だからスゴイよなあ。
当たり前のことを今さら(笑)。
数本一緒に観ると思うなあ。
題材、ストーリー、長さ、色、音、言葉、動き・・・で、何やってもいいんだもんね。
無限の世界から監督が拾い集めてきたモノを、その混ざり具合を、楽しむ。
共感する作品て、結局は作り手と同じものが好き、ってことなのかな。
(これまたあたりまえ〜)

※以下、ネタバレしています。これから鑑賞される方はご注意を!

最終に上映された「赤い靴、」は、その歌の背景そのままに、養子に出された少女の赤い靴を巡る複数の人間の像。
20分くらいの作品なのだけど、2時間くらいの物語を観たような気がした。
画面、画がきれい。ストーリーからもくるのだろうけれど、色調がモノトーン気味(というか、深いグリーンのような印象が強い)の中に例えば靴の赤、それも強くない赤が置かれる。その赤は時々明るいものにも暗いものにも、光るものにも変わる。

音楽もそれに溶けるようなギターと歌。
宮内康乃さんの音楽も素敵。
ギターが合うなあ。
あの謎多き童謡「赤い靴」の、歌詞をそのままにメロディーを替えるという素敵な方法は、子供の頃よく友達とやって遊んだなあ、なんて懐かしく思い出したり。
エンドロールで歌っていたのはどなただったのかな。あそこで初めて、きちんとした大人の声で歌われるところがすごく効果的だった。
音楽少なめで静かだから、波、水の音が重なってもそちらが勝つ。観終わったとき、ちゃあんと水の音が耳のなかに残ってる。
いずれにしても、ミステリアスなこの歌を題材にされたチョイスがいいですよね。

横浜にそんなに詳しくない私みたいな人には、やっぱり真っ先に横浜=海、港・・・ってくるわけで、で、この日の数本の映画も海、みなとみらいの高層ビル群、観覧車、赤れんが倉庫などの「ザ・横浜」がたっくさん使われていた。
この「赤い靴、」にも海や港は出て来るのだけど、それより、港じゃない水=運河、街角、裏路地、繁華街、住宅街なんかの印象が多く残ったのが、なんだかとっても、ん〜、「恥ずかしい感じ」じゃないバランスのセンスがいいなあと。

解き明かされてゆくストーリーの説明を、言葉じゃなく映像で、しかもひとつずつ区切って追ってゆくから、少ない時間と音でとてもスマートにお話が伝わる。
映画だから、お話だから、すべてが明晰になる必要もないのだけど、観る人の「納得度」をある程度得るためにはやっぱりいろんな矛盾はあるより無い方がいいに決まってる。
そんなところも、細かい気遣いがあったように思った。

他の作品を4本観てからだったから余計に感じたのだけど、普段何気なくテレビドラマや映画を見ているけど、「時間の使われ方」って本当に大事なんだなと痛感。
セリフとセリフのあいだの間、それが一人でも複数でも。話すテンポ。
画面もそう。同じシーンが続く長さの限界、速さの限界。
間延び、の一言では説明できないけど、あ〜残念、これは無理だわ、っていう「空白」が他の作品には結構あったから。
無駄な間、無駄な瞬間がないから、そこで、その画面で起こっていることの全てが辻褄があって納得させられる。

主役の女性を演じられたのがダンサーの方で、ラスト近くにひとつだけダンスのシーンがある。
そこへ繋がってゆく全てのシーンの集約の有様が、そこにもってゆく大げさすぎない緊張感が心地よかった。エネルギーなんだけど、教科書的にならないというか。
・・・・・・・・・・
わーん、素人の感想なんでいろいろ許してください。
とにかく、この映画わたしは好きだった、ってことです。

終演後、武子監督とちょっとお話をしましたが、相変わらず謙遜ばかりおっしゃる控えめなご様子が
(でも十分面白いところが)、映画の印象と観賞後のテンションを壊さないまま帰路に送り出してもらった句点になってたようだ。
タイトルに付いてるのはさ、句読点、だったけど。

★最終上映 8月1日(金) 20時15分〜 横浜シネマ・ジャック&ベティ(京急「黄金町」、横浜市営地下鉄「阪東橋」、JR「関内」より徒歩) 1500円
この日「赤い靴」を履いて会場入り口に待機されている武子監督から直接チケットを購入すると、なんと500円オフの1000円になるそうです!


[PR]
by saskia1217 | 2014-07-28 21:22 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217