駆け足

e0081334_157417.jpg

e0081334_157549.jpg

e0081334_157530.jpg

e0081334_157667.jpg

あぁ、ほんとうにここに埋めてほしい。
そう強く憧れさせる、清々しさと潔さと静けさ。そして縄文から江戸へ連綿と続く武蔵野を生きた人たちの、息吹の温かさが手足の先から伝わってくる土地。

染井の静寂を抜けて飛鳥山へ出るとそこはもういちめん歓楽の喧騒(>_<)。
花見は墓場にかぎるなぁ。
平日なのにと思ったらまだ春休みかぁ。
まぁこれが、吉宗が望んだ本来の姿だからいいか(苦笑)。


白い桜も眩しくていい。
しか〜し。
今年はまた派手に刈り込んじゃって…北区さん!
なんかちょっと寸詰まりでコミカルかつ残念よ。
e0081334_1464532.jpg

e0081334_1464622.jpg

e0081334_1464693.jpg

王子稲荷。
お正月から果たせていなかった凧の返却。
大吉。
願掛け石。
狐穴。
弁天さま。
再びの静謐。

運良く拝殿に昇殿でき、初めて天井画を拝見。
嬉しかった!
e0081334_1464756.jpg

e0081334_1464729.jpg

e0081334_1464866.jpg

音無親水公園。
忙しさにかまけて大晦日の狐のままだった部屋の広重も、昨日ようやく音無川の桜へ掛け替えた。
e0081334_1464890.jpg

駆け足でやってきた春が、耳元をくすぐりながら私たちを追い越してゆく。
e0081334_1464973.jpg

e0081334_146492.jpg

e0081334_1465016.jpg

[PR]

by saskia1217 | 2014-04-01 01:28 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)