七味五悦三会

しちみ・ごえつ・さんえ。

いつかの大晦日のブログにも書いた気がする。
今年もまた思い出した言葉。

昔、江戸時代の庶民は、大晦日の夜にこれを思いながら年越しをしたという。
「七つの美味しかったもの」
「五つの嬉しかったこと」
「三つの出会い」

あったあった、美味しいもの。七つどころか・・・(笑)。
嬉しかったことだって、五つじゃ足りない。
それってありがたいことだよね。
でもその中から無理して「七つ」「五つ」を選んでみるところに意味があるのかな。

そして、三つの出会い。
出会いはきっともっとたくさんあった。
でも本当に、思い返すだけで「じん」とする出会いはそう多くない。
人でもモノでも、出会うべきときに出会うべくして出会う。
私はけっこう運命論者だ(笑)。
美味しいものも嬉しいこともありがたいけど、一番感謝したいのはやっぱり「出会い」。

たぶん、自分が、自分の有り様が、その出会いを決めてもいるんだろうな。
今年一年、果たして自分が今の自分に相応しい有り様であったか、生き様であったかは自分ではわからない。
少なくとも精一杯やったつもりではあるけれど、でももっと出来たんじゃないか、逆にもっと慎ましやかであるべきだったんじゃないか、っていうこともたくさんあった。
今大晦日だからって、そんな「反省」をしてみたところで、たぶん来年もきっとおんなじふうにしかやれないとは思うんだけどね。

ただ、願うとすれば、来年も「じん」とする出会いができるように、やっぱりいつも自分が後悔しないような自分でいられればな〜、ってことかな。

振り返るってやっぱり悪くない。
振り返ってみると、それはどれも「ありがとう」に繋がる。
来年の大晦日も、やっぱりたくさんの「ありがとう」が言いたい。

皆様、どうぞよいお年を!
[PR]
by saskia1217 | 2013-12-31 13:49 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217