曽我部恵一bandを聴きにいった

e0081334_236839.jpg

セトリなどのネタバレがありますので、ご注意ください!



1月30日、新代田FEVER。
曽我部恵一band、ニューアルバム「トーキョー・コーリング」のツァー初日、東京公演。
発売開始からずいぶん経ってから、とある深夜にネットで目にしてポチッとチケットを買った。
構えずにライブに行くって、考えたらあまりしたことが無かったな。
300のキャパでチケ番は250番台。
ガツガツしないっていいなあ、としみじみ思う。
e0081334_2363155.jpg

初めて行ったFEVERでは、こんなにラブリーな子がお出迎え。
マスコット犬のこのラブちゃんは、「リーバちゃん」という名前らしい(と、後で知った)。
開場までのしばしの間、撫で撫で。
おとなしく、人懐っこく、どのお客さんの足元にも寄って行ってスリスリ甘えていた。
可愛いったらない。

そんな気分のままで、まったりゆったりと中に入り、列に並んでドリンクを貰ってから「さてどこで聴こう」とのんびりをフロアを見渡す。
ソールドアウトのこの日、すでに200人以上入っているのに前半分が埋まっているくらいで、さほど混んではいない。
アルバムツァーだというのにその肝心のアルバムも買わず、なんと不埒なことに1曲も(いやツァータイトル曲だけは聴いたか)聴かずにライブに臨むというテイタラク。
でも、そのくらい気楽に聴きに行きたかったんだ。
ライブハウスの後ろのほうにのんびり立って、流れゆく音楽を聴いていきながら、あ〜この曲好きだなあ、と思ったものを記憶にとどめてそれをゆっくり味わって、それでまた聴きたいと思ったときにCDを買おう・・・なんてね。

だから最後尾、PAの前あたりにいた。
15分押しでステージにメンバーが登場。ナマ曽我部さんは実は2回目かも。しかもバンドで聴くのは初めて。
前回下北沢でソロを聴いたときのお客さんは結構アダルトだった印象なのだけど、この日は若い人が多いのにちょっと驚く。男子も多い、女子も殆どが20〜30代だったのでは?
曽我部さんの年齢からして、同年代の人が多いのかと思いきや。
たま〜にちらっと、40代かと思われるサラリーマンらしき人も。

開演20分くらいしたらフロアはほぼぎゅうぎゅうになったが、想像していたほど暑くない。
お客さんが暴れない、叫ばない、殆ど拳をあげない、メンバーの名前を呼ばない(笑)。
曲が終わると声を出さずに拍手であらわす。比較的おとなしいのにビックリ。
まあ・・・そういう曲ではないからかもしれない。
汗を全くかかないライブなんて・・・あるんだ・・・(苦笑)。

アルバム曲は全部やって、それ以外わかった曲はこんな感じ。
(これ以外もやったかもしれないけど、知らない曲が殆どなのでよくわからずじまい)
「夢見るように眠りたい」これはバンドのファーストアルバムに入ってるのを書き直したそう・・・とMCがあるとパラッと拍手。曽我部さん「あ、そ〜ゆ〜拍手が出る感じの、その程度の印象の曲です(爆)・・僕もあんまりよく覚えてないです」
とかいっていたけれど、すごくいい曲だった。
「ほし」(これ好きなんだ、特に冒頭のコードの移り変わりが)
「テレフォンラブ」
「ロックンロール」
「キラキラ」(これはメジャーだから皆もノリノリ。でも終わるとしず〜かになる)
「サーカス」
あと、アンコールだったかな「STARS」をやってくれた。これは有名だし私も好きだから、ライブでバンドバージョンで聴けて嬉しかった。盛り上がるね、これはやっぱり。

ほぼ全て初めて聴いたアルバム曲のなかで好きだったのは、「雪」。
ライブの後半、終わり近くでやってくれたのだけど、アルバムのバンドバージョンとは違うギター弾き語りで訥々と。それがこの曲にあっていて、静かでよかった。
昔東京に雪が降ったときに作ったという曲。
あと、ローソンのパスタのCMでお馴染みだった「オレと彼女が晴れた日の午後に笑うささやかだけど絶対的な理由」もよかった。

曽我部さん、やっぱり声いいなあ。
もちろんだけど、やっぱりライブのほうがいい。
ギターも口笛もうまいし、で、途中何かの曲でドラムの人(すごく上手かった)と一緒に何かパーカッション的なものを叩いていたのは曽我部さんだった?
あんまりステージが見えなかったからわからなかったのだけど。
とにかくそれが素晴らしくて。
あと、世の中で一番「気持ち良さそうに歌う人」なんじゃないだろうか、曽我部さんて。

「MCはここだけなんで」と話してくれた、尊敬する映画監督レオス・カラックスとの遭遇の一部始終を話してくれたのが印象的。
憧れの人に実際に会うって、ほんとに限りなく素晴らしい一瞬、信じられない時間。
その興奮が伝わってきた。
そういうドキドキとか、気持ちを持ち続けることとか、何かに憧れていることとか、そのエネルギーをいつも持っているとか、大事だなあ、一生そうでありたい、と思ったね。
(レオス・カラックスってしかし、ギリシャ人みたいな芸名ですよね)

この日に発売になったアナログ盤の、ご自身が工場とやり取りをしてやっと出たという美しい色のレコードを見せてくれながら、「別に『アナログ盤じゃないとダメ』とは思ってない。MP3だって好き。だけど、何かにこだわるってとっても大事な、素敵なこと。ミュージシャンてそういうこだわりがあったほうがいいと思う」みたいなことを話してた。
そうですね、そうかもしれない。
その人にとって大事なこと、を貫くってのが貴重なんだ。

曽我部さんのいいところ、いや、私がいいと思っているところ、いやそうじゃないな、私がなぜチケットを買って聴きにいくのかな、って考えてみた。
曽我部さんの作る曲、歌う歌が、たぶん全部が全部好き、っていうのじゃないんだ。
だけど、聴いていて、うわぁ!って心に突き刺さる音、言葉、ハーモニーがやってくる時がある。
ずっとじゃないけど、ある。
それがあるから、きっと聴くんだろうと思う。
ライブはそれが予測なくやってくるという期待があるから、なおのこと。

楽しい夜だった。
ライブを「楽しんだ」感があった。
感動、というのとは違うと思う。心が激動したわけじゃあない。でもすごく満足した。
前が全く見えなくてもイライラせず、周りが一斉に歌いだしても怒らず、知らない曲ばっかりでも全身で楽しく受け止められて、楽〜な気持ちで会場を後にする・・・・
音楽を聴くって、本来こういうことなのかもしれない、とたぶんかなり基本的なことを体感した、貴重な一夜。

いろんな音楽を聴こう。
いろんなアーティストを見よう。

軽くて、少しあったかくて、清々しい気持ちで外へ出たら、駅の上に月が出ていた。
曽我部さんのライブの帰りに、これほど似合う景色はないと思った。
エレカシ帰りの月とは、まったく違う月だった。
e0081334_317119.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2013-02-03 03:17 | 曽我部恵一さん | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217