感謝の季節

e0081334_20491213.jpg

大好きな神社の例祭ときいて、祭礼の時間に間に合うように出かけていった。
いつもの静謐な空気とうってかわって、境内にはたくさんの出店と子供たち。拝殿には日の丸が掲げられ、拝殿の奥は明るく灯がともされ、全部がキラキラしている。
太鼓を合図に神職と巫女さん達、昇殿する方たちが登場。
神社検定で勉強したとおりの順番で(笑)、献餞、祝詞奏上、神楽と巫女舞、玉串拝礼・・・感謝の儀式が進んでゆく。昇殿参拝も、玉串を手にとったこともないので、なんか目の前でみるとちょっと感激。神社や土地の名前が染め抜かれた法被を来て拝礼にのぞむ地元の人たちの後ろ姿に、凛とした誇りを感じる。

美しく揃った神餞の前で祝詞をあげる神職。
e0081334_20504571.jpg

巫女さんたちの清楚な舞。
e0081334_2112686.jpg

無形重要文化財の舞。剣を持って神前で舞う。
e0081334_2051941.jpg

e0081334_20512632.jpg

小さい神社だから見ている人もそんなに多くないが、関係者以外にも私のような「神社フリーク」だとおぼしき、カメラを構えた男女数人がやはり最前列に(笑)。
ん〜、やっぱり来年も受けようかな、神社検定。

祭礼のあとは、神楽殿で江戸里神楽が披露されたのを堪能。
お腹がすいたのでお昼ごはんにお好み焼き。境内で蚊に喰われながら食べる(苦笑)。
通りに出ると立派な御神輿が休憩中。

秋、実り、自然、神、土地・・・間違いなく今自分が踏みしめているこの場所に太古から綿々と続く命を実感する。
そして、受け継がれてゆく先の果てしない未来も。
そうして季節は、ゆっくりとセピア色へと移ってゆく。
e0081334_20553959.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2012-09-23 20:59 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)