A線上のアリア☆チェンバロ奏者 廣澤麻美 公式ブログ  Asami Hirosawas Blog


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
by saskia1217
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「誓いの休暇」

・・・という舞台を見に、三軒茶屋のシアタートラムに出かけた。
今や大人気の近藤良平さんのダンスのステージ。

とはいっても、小劇場に出かけるのも、近藤さんのステージを見るのも、ましてやクラシックバレエ以外の「舞踊」を見にいくのも、今日が生まれて初めて。
もちろん、そんなに有名な近藤さんのお名前すら存じあげなかった。
・・・・・2ヶ月前、時々見ているTBS「情熱大陸」でまったく偶然に、近藤さんと彼の率いるダンスカンパニー「コンドルズ」のドキュメントを見たのが、事の始まり。
最初何か他のことをしながら見ていたのだが、そのうちに吸い込まれるように見入ってしまい、10分もするとなんだかわからない素敵な気持ちに取り憑かれ、

「この人のステージ、ぜったい見る」

と勝手に決心していた。

もちろん番組では彼の踊りそのものや、練習風景とか、ご家族と一緒のプライベートタイムとか、プロジェクトが創られていく様などがとりどりに紹介されていたのだが、一番面白かったのはインタビュー。どんな会話だったのか実はよく覚えていないのだが、「ダンスはあなたにとって何ですか」というようなレポーターの質問に、近藤さんはものすごくオモシロイ表現と言葉で、実に楽しそうに「ダンス」を語っていた。にもかかわらず、その答えにリポーターは「?」「ん〜、よくわかんないですけど」という反応だったのだが、それを聞いていた私にはじつにわかりやすい、共感できるもので「うわぁ〜、それそれ!!」と、自分勝手にウキウキしてしまったのだった。
で、番組が終わらないうちにネット検索してみたら、「コンドルズ」の公演はその放映当日が最終公演終了日。残念! で、これもあまり頻繁にはないという、近藤さんのソロ公演をすぐその場で申し込んだ。

三軒茶屋なんて高校時代以来だ。世田谷線の駅に隣接した劇場付近は、何となくアートの匂いがあって素敵。
実はこのソロ公演(5回公演)、あの番組終了直後すぐに売り切れたらしい。知っている人は知っている、そうでなくても「オモシロそう」という私みたいなのが殺到したのだろう。「コンドルズ」の渋谷公会堂の公演など、4分で売り切れたこともあるという。今日も当日券で立ち見が出た。私の席は一番後ろの端から2番目。もしかしたらほんとにギリギリだったのかも。

パンフレットやチラシは各座席の上に置かれており、入り口でばさばさしないのもいい。コンサートと違って、開演前にうっすらと音楽が流れ、ステージには摩訶不思議なオブジェが照明を浴びている。いいなあ、こういうの。わくわくするよね。

1時間30分、休憩なしのソロ。ステージにのってるほうは大変だろうな〜、と思いつつも、やっぱり楽しかったな〜。満員のお客さんは、マチネーのせいもあるだろうが、実にいろんな年代、いろんな服装、家族やカップル、独りで来る人、ほんとにバラバラ。開演前は、空気が妙に張りつめることもなく、席が埋まるにつれて、やわらかで静かな期待感が広がる。何だかとっても、らく〜な感じ。

「普通に来て、普通に楽しんで、普通に帰る」
いいなあ、こういうエンターテイメント。

そう、「ダンス」を観に行く、と思っていくと、ちょっと違うかも。感覚としては「お笑い」とか「落語」を観に行く感じでいくと、とっても近いかな。踊りのステージというと、音楽以外は何も聴こえてこないのかと思ったけど、近藤さんはまずのっけからピアノを弾き、そのうちハーモニカ、ギター(これはスタッフも裏で共演していた部分も?)、アコーディオン、トイピアノ、とどんどん弾きまくり、歌も歌うし、ちょっとした吐息のようなセリフも吐く。バナナも食べるし、客席とキャッチボールまで・・・!!
がっちり振り付けされているであろう(でも即興に見えるような)ダンスに集中する場面、パントマイムのような時間、お笑い芸人のネタのような一幕、そしてひとり芝居・・・の総合ステージと言ったら、想像してもらえると思う。

真剣「なのに」オモシロい、オモシロい「のに」真剣・・・・
このステージを創るのに、きっといろんなプロセスがあって、この1時間半のうちの一瞬一瞬も
、アーティストは超真剣なのだが、それがちっとも「創った感じ」がせずに、ましてや「何かの意味を表現している」のでも「押し付ける」のでもなく、かといってピリリとした瞬間がいくつもあって、そのバランスがほどよく、すごいなあと思った。

「いいものには、人は必ず集まる」
こういうのを見ると、明日にでもコンサートしたくなるんですねぇ、私。
もう随分、純粋に自分の企画だけの演奏会をしていないけど、この気分が薄れないうちに重い腰を上げるとするか!

近藤良平さんのブログ
http://www.kondosan.com/

コンドルズのHP
http://www.condors.jp/

オマケ
会場でもらったチラシの山は舞踊、それに演劇関係ばかり。珍しくて、帰宅してから1枚1枚じっくり鑑賞。どれも美しくて面白い。そして似たようなものがあまりなく、みんな色々だ。ふだん見慣れている音楽会のチラシはどれも似たようなものが多くて、実はいつもあんまりじっくり見る気もしなかった。
もちろん「それらしい」ってことも大事だけど、それよりもっと「素敵!」ってほうが大事なんじゃあない??
[PR]
by saskia1217 | 2005-11-13 00:53 | コンドルズ | Comments(2)
Commented by mjfh0916 at 2005-11-15 21:25 x
遅ればせながら、コンドルズのライブ放映を発見しました。wowowで11月30日深夜0:15(12/1)~です。私も見てみまーす!
Commented by saskia1217 at 2005-11-16 00:40
え〜〜〜、いいなぁ〜〜、羨ましいです。
うちは残念ながらwowow入ってないので・・・・
誰かのところに押し掛けるか??
なんだか筋金入りのファンの人たちにとっては一大事みたいです。
きっと面白いと思いますヨ〜〜。
カテゴリ
ライフログ
お気に入り♡リンク集
最新のコメント
はるかぜたんぽぽ様 ..
by saskia1217 at 21:30
今頃のコメント、失礼いた..
by はるかぜたんぽぽ at 17:21
はるかぜたんぽぽ様 ..
by saskia1217 at 13:52
初めましてなのですがここ..
by はるかぜたんぽぽ at 00:53
船津洋子「傘松道詠集の名..
by とくまるくもん at 06:35
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧