キーボード万歳〜エレカシ「MASTERPIECE」ツァー in Zepp東京初日〜

e0081334_118887.jpg

エレカシのツァー、東京初日を聴く。
延期で平日となったので出足が鈍いかなと思いきや、時間前にはフロアも結構埋まっていて、皆都合つけて来たんだろうなあと思いつつ。

「大地のシンフォニー」からスタート。
一段とゆっくりのテンポで丁寧な運びだったけど、そのせいか息が短くて切れ切れな感じ。宮本さん、喉回復してるかな〜、今日はどんな声かな〜と期待しながら聴く。コンサートが進むにつれて声が良くなっていくことが結構多い気がするので、そう願いながら。
外野の素人の戯れ言で、ホントに失礼なんだけれど。

この日の本プロでアルバム曲の他に演奏されたのは「悲しみの果て」「脱コミニュケーション」「ゲンカクGet Up Baby」「金でもないかと」「珍奇男」。
MCはほぼ無く、一度のメンバー紹介くらい。その時「延期になっちゃってすみませんでした・・・」と宮本さんがトミにマイクを向けるも、トミもほとんどしゃべらず笑顔のみ(笑)。
サポのフジイさんには「スーパーギタリスト!・・・ちょっとしゃべりました・・打ち合わせとか・・・」客席笑。(新潟で「まだしゃべったことありません」と言われたらしい)

始まってからもうずっと淡々とプログラムをこなしていく感じ。
「約束」はビート感が一段と強くなっててメロウな空気はもう影をひそめてた。
「ココロ・・」のイントロが相変わらずかっこいい。
「Darling」はなんかすっごく真面目な感じになってた。固めでしっかりな印象。
「穴があったら・・」のアッチェレランドはそれほどスゴくはなかったにしても、ラストに向けての連呼はなかなかで「穴があるから入りたい」とか「穴があったら入れて欲しい」とか、どんどんヴァリエーションが増えてってる(笑)。音源で受けるマッタリした感じとは全く違う曲になってるね。
それがまたライブのいいところ。

「ゲンカク・・・」「金でもないかと」は私はライブ初聴き。とはいえ、いつも聴いている曲なので初めて聴く気がしない。ということはまた、宮本さんの歌い方も基本的にあんまり変わらずにいるってことなんだろうな。ライブでやるのは珍しい曲だったのだがMCも一切なし。
♪しわをふやして 髪の毛もぬけて〜♪と、今のエレカシが歌うのはやっぱりどこか感慨深い。いや、笑い事じゃなくて本当に。だってこれを20代で歌ってたんだから。

今思い返してみてやっぱり良かったと思ったのは「七色の虹の橋」。
単に私が弾き語りが好きなせいもあるのかな。この日も印象に残った。
「世界伝統のマスター馬鹿」とラストの「我が祈り」は・・・かなりガナッてました、宮本さん。
以前の「悪魔メフィスト」と同じ経過をたどってるのか?
シャウトを越えてた。ガナッてもいいんだけど、それも魅力のひとつなんだけど、個人的にはやっぱり「声」と「言葉」が聴きたい・・・というのは♪我が儘なファンなのかな〜♪

今日は宮本onキーボードをちゃんと見て聴きたかったので、ちょい下手の前方で聴いてみたのだけど、その「飛べない俺」はやっぱりよかった。
ガッツリ座って歌い始め、和音でリズムを打つのも気持ち良さそうだった。Bメロでどうしても立ち上がってしまうのは、熱してくる部分で座ってると歌いづらいのかもしれないな〜、なんて。
大好きな♪たしかに感じる〜♪のCのファルセットが出づらかったのが、個人的には至極残念。殆どがすっごくいい声で素晴らしかったから余計。

アンコールには比較的すぐ突入。
そのまま始まったのは「友達がいるのさ」。嬉しかった。このツァーで聴けるとは思ってなかったから。とはいえ、いつもの「東京感」はちょっと薄かった気も。
♪明日も、明後日も、明々後日も、来週も、来年も〜!♪
「俺たちの明日」になったら、俄然楽な感じで声がスパ〜ンと出てて気持ちよかった。アンコールの時に声が最高なのはよくあることだけど。(楽器の演奏でも同じく、精神的に開放されるせいもあるからかな)
♪おんなじ星しか見られねえ〜♪って言ってました(笑)。
そして「ガストロンジャー」から「ファイティングマン」への流れ。
この日のお客さんは、オープニングでちょっと興奮してて(トミに会えて嬉しいという空気)その後ちょっとおとなしめになってたんだけど、さすがに最後は盛り上がってた。
仙台では気がついてなかったのだけど、「ガストロンジャー」でフジイさんがテルミン使ってて、それがかなり前面に出て効果的で、すごく面白かった。正直あの形の(コンパクトな)テルミン見たのは初めてだったかもしれない。
「ガストロンジャー」の後半インプロ部分では、成ちゃんやトミが順番にソロを振られてたけど、成ちゃんが思うように自由にアドリブ出来にくい感じだったのがちょっと残念。宮本さんは結構煽って結構長いこと何度もチャンスをあげていたんだけど、不発気味だったかなあ。宮本さん自身のキーボードのアドリブは楽しかった。どの楽器弾いても結局「その人」の音楽が出るんだよなあ。
トミのインプロはかっこよかった。この曲の前半、まだそんなに熱してないところだったのに、トミのスティックが大きな弧を描いて客席上手のかなり遠くまで飛んでいってて吃驚。
石くんは結構どの曲も楽しそうに弾いてたのが印象的。
フジイさんは、石くんを常に感じながらピリピリ合わせていってる緊張感が伝わってきた。宮本さんのいつもの「もういっちょ〜」とかがあると「もう一回繰り返すのか、はたまた先にいっていいのか」みたいなドキドキ感。

無駄がなくコンパクトで真剣なコンサートだったけど、ちょっとだけ暗い印象も受けたような。宮本さんはいつものようにすっごく丁寧に一生懸命な姿勢でステージを作っていってたけど、うっすら、ほんとに少しだけなんだけど、何か奥のほうにネガティブな・・・というか満足していないようなものがあったのかな〜なんて思ってしまった。
もちろんイヤな感じとか不快感はなかったんだけれど、ちょっとした鬱屈感というか。
音楽的にもっともっと違う、ん〜、もしかしたら望んでいるものがもっとあったのかな〜、とか。
いやいや、これも外野の無責任な一ファンの勝手な感想です。
もちろん、ツァーはまだ続くのだからきっとまた色々変化、進化していくのだろうな。それがまたツァーの醍醐味でもあるから。

何よりも、メンバーの皆さんの健康、宮本さんの喉(!)がベストであるように。
そしてエレカシの音楽が、発信する人たちの今現在のベストの姿であるように。
それを願うばかり。

・・・ってまた、余計なおせっかい。

全20曲、約2時間。
今日もありがとう、エレカシ。
これからも楽しみにしてます。
e0081334_1294618.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2012-06-28 12:10 | エレファントカシマシ | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31