師走の樹

e0081334_0144799.jpg

騒がしき日々に。
隙間をみつけて無理矢理散歩を押し込む。
早起きしてヨガした挙げ句、出勤時間より何時間も早く家を出るという技は、ナマケモノの私にとってはかなりの偉業。
でも、これは「無理」じゃあない。
行きたいんだ。
e0081334_0155236.jpg

e0081334_0174512.jpg

2ヶ月ぶりに歩いたいつもの散歩道。
墓地を抜けて、北へ北へ。
どこまでも青い空。
ソメイヨシノはいつのまにか、紅い葉を申し訳なさそうにバラバラと残しているだけになっていた。
枝の隙間から空が見える季節が、また巡って来た。
そうか・・・もう1年経つんだなぁ。
e0081334_0181162.jpg

誰に言われるともなく、今年あったことを頭の中で反芻していた。
「十大ニュース」的なことはもっと年末にまた書くとして。
傷つけられること、理不尽に怒りを感じたこと、悲しいこと。
地震。
私自身や近しい人たちが傷を受けることがなかったから、このことそのものを嘆く資格は私にはないのかもしれない。
ただ、自分を含む人々がそれをどう受け止めて、ここから先どう繋げていくのか、人々の何が変わったのか、については、ずっと見て、感じてきた。

一年を終えるとき、私は毎年同じことを思うのだ。
いい年だった、と。
正直なところ、今年もやっぱり私はそう言うだろう。
奇跡に始まって奇跡に終わる、そんなミラクルな一年を、
私は誰に叫んだらいいのだろう?
何に例えたらいいのだろう?
e0081334_0225260.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-12-08 00:23 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30