今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

俺たちの明日

e0081334_23173578.jpg

日曜日、素晴らしい晴天の日、高校のクラス会で四谷のレストランへ。

母校は今年から事実上無くなる。
普通科の高校に比べて、やれレッスン室だ、そこの冷暖房だ、防音だ、そして何よりも専門別の講師数がたくさん必要だ、などの予算上のことも問題となったのだろう、都の方針によって、演劇など舞台芸術分野も含めて芸術関係の学校は「総合芸術高校」として1校にまとめられることになった。
その節目の年でもあり、10期生の我々は約30年ぶりに集まった。
じつは10年前にも一度クラス会があった。
もちろん懐かしく会って楽しかったのだが、あの時は私自身が帰国したばかりで何かと落ち着かなかったせいか、また30代という、それぞれが自分のことである意味精一杯で、居場所を捜していたり、仕事やプライベートでも不安定な時期だったのだろうか、どこか緊張感が漂うような空気があったことを思い出していた。

30年ぶりに会うクラスメイトもいた。
出かける前、ものすごく楽しみだったのと同時に何だかとても緊張していた。
外見はもういい、どうせ皆同い年だってわかってる(笑)。
そうじゃなくて、果たして私はみんなにちゃんと会えるくらいちゃんとしているんだろうか、ちゃんと変われたんだろうかって、そんな些細なこと。
もちろん、今の自分なんてどうやったってこれしかない、そのままでいるしかないんだけど。
お店に着きちょっぴり恐る恐る入って行くと、幹事さんはじめ数人が既に来ていて、まったく変わらない彼らの顔を見た瞬間にもう全員の昔の呼び名がスラッと口から出て来て、一瞬にして肩から力が抜けていった。
とてつもなく嬉しかった。
出席できなかった仲間もいたが、みんなびっくりするほど変わっていなかった。
ズラッと見渡すと、全員が全員「本当にこの年齢か?」と思うくらい、若くて、綺麗で、生き生きしていた。

30年ってスゴイことだ。スゴイのに、みんなはそれ以上にスゴかった。
長い年月の間に、それぞれが悲しみや苦労やいろんなものを突き抜けて来た筈なのに、いやだからこそなのか、みな優しくて、気遣いがあって、暖かくて、素敵な大人になっていた。何よりも、心地よい「余裕」があった。そして皆、本当にいい人ばっかりなんだ(笑)。
現在必ずしも直接的に音楽に携わっていない立場の仲間もいるのだけれど、それでもこうして集まると音楽を語り、一時的に休んでいてもまた再開したい、そして誰もが、自身の子供や教え子、学生たち、後進、世の中の人たちに音楽を伝えて行くんだという強い意志と誇りを異口同音に話せるって・・・みんな素晴らしすぎるよ。
数少ない男子たちも立派なお父さんになっていて、社会への怒りや自分の精神との戦いに悩んであっちこっちでぶつかったり、やりたい放題やってたあの彼らが(苦笑)、この日肩を抱き合いながら「お前が居なかったら今の俺はなかったんだよ、本当に」「いや、お前は昔から天才だったから」なんて言いあってるのを聞いて、なんか泣けてきそうになった。
3年間毎日一緒に、同じ音楽というものを追いかけて時間を共有してきた40人。1学年1クラスしかないのでクラス替えというものがなかったから、それだけ繋がりは深かったと思う。なかでも我がクラスは文化祭でとんでもないオリジナルの劇をやったり、大掛かりなミュージカルを作ったり、かなり個性的な暴れん坊クラスだったらしい。思えば先生方は苦労されたことと思う。
現在90歳近い担任の先生にはお出かけいただくことは叶わなかったが、メッセージを寄せてくださったハガキを皆で肩寄せ合って拝読しながら、その筆跡があの頃の板書きのまさにそのままだったことにも感動しきり。幹事さんが用意してくれていた色紙に全員で寄せ書きをして、写真と共に先生にお送りすることに。

あのときはこうだったじゃん、あんなこともあったよね、あのときは楽しかったね・・そして「今だから言えるけどさ」「じつはこうだったんよね、あれって」などもどんどん加わり、当時はなんでそんな些細なことで悩んでいたんだろうと笑い合ったり、タブーだったようなことまで開けっぴろげに話せるようになった自分たちの包容力(笑)にしみじみしつつ。
う〜ん、歳をとるってこういうことなんだな。
悪くないね。

あの人と、この人と、気がつくと12時開宴があっという間に20時。
それぞれが「明日の仕事場へ」「家族の夕食を作りに」日本各地に帰っていく。
「次に会うときは孫の話かな」なんて言いつつ、名残惜しく別れた。
こんなこと言うのもちょっと気恥ずかしいが、まさに「絵に描いたような同窓会」。
帰り道、気がつくとエレカシの「俺たちの明日」の歌詞が頭のなかで流れていた。

♪時は流れてもうりっぱな大人さ
今はそれぞれの道を行く
・・・・・
季節は過ぎてそれぞれの空 オマエこの頃何想う
・・・・・
さあ がんばろうぜ!負けるなよ そうさ
オマエがいつかくれた優しさが今でも宝物
でっかく生きようぜ!
誓った遠いあの空忘れないぜ そうさ
今も同じ星を見ている♪

みんな、会えてよかった。
ありがとう。

[PR]
by saskia1217 | 2011-11-17 00:22 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)