人見知り

e0081334_21272899.jpg

夕方、実家で犬の散歩をしていた。
犬の散歩ってのは、ただ自分と犬だけの世界では終わらないもので、ただ数十分のうちに様々な「袖のふれ合い」が起こる。
すれ違う子供たち、いつも通りに挨拶する近所の人、止まってくれる車の運転手さん、建設現場の大工さん、工事中の道の警備員さん…
そして必ず出会うのが、犬の散歩(笑)。
すでに顔見知りのよく会うワンちゃんと飼い主さんもいれば、初めて会うコンビもいる。
ものすごいごっつい男性がちっちゃいトイプードルを連れていたり、高齢のおばあさんがおっとりとした年寄りのワンちゃんと同じ速度で歩いていたり…
そのコンビネーションも千差万別で飽きない。

今日はコーギーを連れた40代くらいの女性に会ったが、いつもは他の犬にはあまり興味を示さないうちの犬が、珍しくフレンドリーにそのワンちゃんと仲良くじゃれあっていた。

「相手が男の子だとよく喧嘩になるんですよ…」と、飼い主さん。
「あ、女の子ですよ、だから仲良くしてもらえたのかな?…普段はかなりの人見知りなんですよ」と、私。
にこやかにお話して別れた。

再び歩き出して、しばらくしてはたと立ち止まり思わず呟いた。

「犬に『人見知り』っておかしくないか?」

犬見知り…いや相手は人の場合もあるんだから、正確には「人・犬見知り」というべきか?

また、ど〜でもいいことを書いてしまった。
[PR]
by saskia1217 | 2011-10-24 21:27 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217