東京・真ん真ん中

e0081334_0284838.jpg

午前中の用事の後、午後から竹橋へ移動。
朝あんなに曇ってたのに、素晴らしい天気になった。
友人と一緒に宮内庁の展示会を見に、皇居・北桔橋門から書陵部へ。
知人に解説していただきながら江戸時代の貴重な文献など非常に興味深い展示を拝見、その後三の丸尚蔵館で開催中の「明治宮殿」の室内装飾を再現した展覧会を見て、東御苑に引き返しお散歩。
e0081334_0472722.jpg

浜離宮や赤坂近辺で見られるような、歴史的な建造物や庭園と近代的建築の融合がここでも。
百人番所とビル群。
こういう画はいつも何だか不思議なドキドキを与えてくれる。
そしてシンプルなリズムで淡々と建っている番所の美しいラインの見事さ。
e0081334_0474523.jpg

ああ、江戸城が今でも建っていたらどんなによかっただろう、と心底思う数々の名残。
とにかくもう、石垣を見るだけで感動する。大阪城の石垣も凄いけど、ここも圧巻。
何度も焼け、その後結局再建されなかったことの不思議。
最近その不思議について色々と調べていたのだけど・・・謎は多い。
江戸城、見たかったな。
e0081334_0523539.jpg

「殿〜〜!殿中でござる!」
e0081334_052218.jpg

天守閣跡。
低い!(笑)
このすぐ下が「大奥」のあった場所。
がくがくぶるぶる。
e0081334_0514641.jpg

見慣れた懐かしいタマネギが見える。
e0081334_124590.jpg

乾いた空気と、葉と土の匂い。
珍しい八重のぷっくりした山茶花、大きなクスノキ、様々な種類の竹、江戸時代の原種の果樹・・・
e0081334_0573987.jpg
e0081334_0583466.jpg
e0081334_0585726.jpg

e0081334_0575285.jpg
e0081334_058477.jpg
e0081334_0582488.jpg
e0081334_05827.jpg

e0081334_0591878.jpg

e0081334_1173988.jpg

たくさん植わっていた「和林檎」のうちの一種。
e0081334_117692.jpg

「秋一番」という名前の椿。
本当に一番乗りで咲いていた。
白と赤が同じ木に鈴なり。
e0081334_0594765.jpg

e0081334_103060.jpg

そして、いろんな生き物も一緒。
e0081334_112118.jpg
e0081334_111463.jpg
e0081334_11453.jpg


計らずも、東京の真ん真ん中で遠足。
ほんの数時間、緑と空があれば、こんなに幸せになれる。
そして、美味しいものもちょっぴり。
タルトとコーヒーはマクロビオティック&オーガニック、そして旬のカキフライ。
美味しいもの、万歳!
e0081334_152428.jpg

e0081334_15338.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-10-19 00:52 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31