今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

大阪4時間散歩

e0081334_18482473.jpg

大阪城野音に行った日、こだまが新大阪に着いたのがちょうどお昼の12時。
そういえば・・・東海道新幹線の「いい日旅立ち」は選曲ミスだと思う(苦笑)。
いい曲悪い曲とかじゃなく、各駅ごとに鳴るあのマイナーなハーモニーはテンションをだだ下がりにさせる。おまけに変にオルゴールヴァージョンになってるもんだから妙に物悲しく、耳にするたびに「逃避行」という文字が脳内に浮かぶのだ・・・orz。

大阪の街をほとんど歩いたことがない私の希望もあり、お友達はベタな場所に連れて行ってくれた。
環状線に乗って「新世界」のある「動物園前」で降りる。
e0081334_18555356.jpg

横断歩道の信号待ちの間にこの写真を撮っている私を、前に立ってた大阪のおっちゃんは不思議そうに振り返って「何撮ってるん?」と(笑)。「看板です、看板!」
なんか・・・面白いなあ、大阪。
すれ違って思わず見入ってしまう「柄に柄」のおじさん、超ミニスカートにヒールの高いショートブーツのお姉さん、前後左右から耳に飛び込んでくる西のイントネーション。
珍しくていちいち足を止めたくなる。

まずこの「動物園前一番街」っていう商店街が(土曜だったからなのかお休みの店も多かったのだけど)懐かしすぎる風景で感動。むか〜し、例えば日暮里とか田端なんかにあったような、古い「喫茶店」や「洋品店」などが並んでいる商店街・・・
なんともいえない不思議なニオイ、そう文字通りの「臭い」がして、歩いているだけで吸い込まれそうだ。

道路を挟んで反対側が対照的に賑やかな「新世界」。
その入り口にある「ジャンジャン横町(南陽町商店街)」に入っていくと、狭いアーケードみたいな路地の両側に、たくさんの串カツやさん、カラオケやさん、立ち呑みやさん、囲碁・将棋会所などが犇めいている。
e0081334_1932248.jpg

週末とはいえ、昼から楽しそうに立ち呑みし、将棋をさしているオジサンたちがいっぱい。見ているだけでこっちも楽しくなる。
e0081334_1933259.jpg

目指したお店は、串カツの有名店「だるま」。
人気店の常で、すでに10人ほどの行列。並ぶこと15分ほど。
e0081334_19515435.jpg

やっとお店に入ると、コの字型のカウンターにぎっしりとお客さん、内側には何人もの店員さんが忙しそうに串を油の鍋に投入している。
人生初の「串カツ」、テレビなどで知っているのは「ソース二度づけ禁止」の一言だけ(笑)。
よくわからないから定番を組み合わせた「おすすめ9品」を頼む。
店内いっぱいに貼られた「メニュー」や「注意事項」や芸能人のサインや、店員さんの手元に所狭しと並ぶパン粉や衣の入ったボウルとか、カウンターに座っているだけで面白くて飽きない。
ビールを呑みながら、キャベツをソースにつけてパリパリやりながら待つ。
目の前のガラスケースの中に美しく重ねられた材料なんか、ある意味もう芸術品。
e0081334_19531551.jpg

きたきた〜〜!
e0081334_19541737.jpg

とんかつ、元祖串カツ、もち、アスパラ、つくね、天然エビ、キス、チーズ、たまねぎ・・だったかな。
甘い味のソースが美味しい。脂っこいイメージがあったのに、さっぱり軽い。
どれも美味しかったけど、チーズ、おもち、キス、たまねぎなんかが特に好きだったな。
特に塩でいただくおもちは揚げたておかきみたいで美味。
どんどん食べてしまう(笑)。
追加で、うずら卵、いかげそ、鳥からあげ、レンコン、紅ショウガ(鮮烈!)、漬けマグロ(味が沁みてて美味!)。
いかん、これは止まらない魔法がかかる。

食事を終えて、アニマル柄の服をいっぱい売ってるお店や、たこ焼きやさんに並ぶ行列を見ながらブラブラ。
「通天閣、ってこの近く?」「うん、近いはず」
見上げて見えないってことは、きっと近い証拠だ(笑)。
通りをひとつ向こうに動くと・・・あった!
e0081334_20165581.jpg

テレビでしか見たこと無かった、あの「通天閣」がそびえてた。
え〜〜〜っ、もっと大きいと思ってたのに(爆)。
東京タワーみたいに高いイメージだったのに・・・。
吃驚。
昇ろうと思ったけど30分待ちだったので止めて、散歩続行。
e0081334_2084360.jpg

お稲荷さんを見つけてテンションがあがる。
新世界稲荷神社。
なんだか・・・すごい名前だよね(笑)。
お狐様がちょっと筋肉隆々で面白かった。かいがいしくお掃除するおばさんがひとり。
ここには石で出来たルーレット式の珍しいおみくじがあったらしいのだが、気づかずにトライならず。今度行く機会があったら見て来よう。

大通りをはずして路地から路地へ、迷路のような細いところに入ってゆくのがこのうえなく楽しい。
裏から見た通天閣は、秋空に映えて美しかった。
e0081334_20121634.jpg

ごみごみした路地の建物と建物の狭間には、路面も家の壁も屋根もツッコミどころがいっぱい。
e0081334_20135161.jpg

e0081334_2014683.jpg

e0081334_20161259.jpg

e0081334_20141726.jpg
e0081334_20144071.jpg


とある路地に、矢印と「フランス料理店」の文字。
矢印に沿って行ってみると、突然おしゃれな南仏風の瀟洒なレストランが現れた。
お店でスモークしている自家製ソーセージや、たくさんの種類のフランスワイン、黒板にかかれたオードブルのメニューなど、夜にお食事するには良さそうなビストロ。
そこでゆっくりとケーキとコーヒー休憩。
e0081334_20203113.jpg

何もかも、東京では考えられないほどお得な価格で堪能。
大阪って本当に、食いしん坊には天国なのだということを実感。
なかなかゆっくり観光できる機会がないけど、これをステップにまたじっくり観に来たい。

さよなら大阪、また今度!
[PR]
by saskia1217 | 2011-10-03 20:22 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)
Commented by スノウ at 2011-10-04 21:42 x
写真、結構撮ってたんですね。通天閣のいい角度、見つけられて嬉しかったです。ついでに路地も歩けたし、意外と歩きやすかったし、行ったことのない土地は面白いですよね。
次回はおみくじをひきましょう。
Commented by saskia1217 at 2011-10-04 22:16
おみくじ〜〜っ!
大阪、それも通天閣下でひくと何だかいい結果が出るような気がするのは何故だろう(笑)。
根拠はありません・・・。

あ、通天閣って電波塔じゃなくて展望台だったんですね〜。
初めて知った・・・恥。