まだまだ

e0081334_22485368.jpg

まだ梅雨は明けないのか?
まだ向日葵は咲かないのか?
まだ夏休みにもならないし、まだまだお仕事は続く。

なんだかんだと完全オフな日が無く、6月いっぱいまでだったゲーテ記念館のファウストの展示も結局行けなかったし、この分だと江戸東京博物館の五百羅漢展にも間に合うかどうかわからない(泣)。

天気が暑いだけならまだしも、節電対策であちこち暑すぎるのも身体にこたえる。
節電、もきっとまだまだ続くのだろうな。
いやいや、節電のためエアコン設定温度を高めにしたりするのはとってもいいことなんだ。
汗なんて一滴かくのも嫌だった私も、ヨガをするようになってから汗をかくことが嫌でなくなったのはきっといいことなんだろう。
それにしても、汗かきすぎの毎日。

どちらかといえば、あちこち暗いのに結構困ることもある。
昨日、大学でレッスンが終わる夕方頃、係の方が部屋に入ってきて、天井に付いている2本×3箇所=計6本の蛍光灯のうち、入り口に近い2本をはずしていった。
私がレッスンしている部屋は1階だが窓がなく、廊下も人が通らない限り消灯されているので結構暗い。おまけに、10人入ったら満員というその比較的小さい部屋には私を含め10人以上が入らねばならない授業もあって、28℃設定で暑いだけでなく、今度は決定的に「暗い」という残念が要素が加わってしまった。
消費電力が目標量をオーバーすると罰金という現実も知っているから、協力するのは当然だし、ぜひともそうしたい。
けれど、それで体調不良になったり、授業に支障が起きるのは困る。
エレベータの殆どが動かず、大きな楽器やたくさんの資料をかかえて階段を4階まで昇るのも絶対的に困ってる人も多いだろうし。
「ご協力を御願します」と胸を張って言うのなら、「ゼッタイに不要な」熱くて座れない便座暖房を切って欲しいデス。
ホント、お願いですよ!

さてさて。
オペラが終わってすぐ、7/10のマンドリン&チェンバロナイトのリハに入る。
出演者がたった2人なのに、スケジュール合わせがこんなに大変なのっておかしいだろ(苦笑)?
そんなわけで今日はやっと私のところでチェンバロ使ってのリハ。
新曲のチェックのために、作曲者のアンドウさんも立ち会ってくれたのですごく有意義な時間だったのだが、結局時間切れでやり残ってしまった曲が数曲。
ん〜、でもこれから10日まで時間を捻出しつつ、これは是非楽しいコンサートにしたい!
しかし、アンドウさんの新曲、この春、ちょうど3月後半に着想&書かれた曲で、ホントにいい曲なのだ。
ぜひたくさんの方に聴いてほしいなあ。

昨日は大学で、シギスヴァルト・クイケン氏の公開講座を聴く。
私の授業と時間が被ってたが、古楽科の学生さん達には大事な機会なので、ちょっと切り上げて皆で駆けつける。
大きめのアンサンブルからデュオから、いろんなアドヴァイスがとぶ。
ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラの実演も交えながら。
拝聴していて思った事はたくさんあるのだけれど、まずは「自然体の音楽家」なんだなあ、という印象を受ける。
そして、なるほど音楽家にはホントにいろんなタイプがあるんだなあという当たり前のことを実感。
音楽に何を求めるか、音楽をどう捉えているか、どういうアプローチをしたいか、好きなのか、という根本的なことが、おそらく私とは正反対なんだと正直思った。
特にバッハのヴァイオリンとチェンバロのソナタ4番(ハ短調)のアプローチは「へええ、そういうふうに思うのかあ」と思いながら、自分がそれを実践するところを想像してみたが、なかなか難しいものがあったのも事実。
だから面白かったし、彼の語る音楽の持つ「気持ちよさ」も分かった気がした。

他人の演奏とか、他人の考え方って結局は「自分が好きなもの」とは違うのが当たり前なので、それを目の当たりにしたり、また時には共に音楽しなければならないときの辛さときたら、ハンパない。
もちろん歩み寄ったり、相手の言い分を聴いて何とか共通項を見つけようとしたりする作業は当たり前にするのだけどね。
とはいえ、なかなか「自分」は譲れないし、自分の好きなものが実践できない時の不快感やら悲しみやらストレスは、実はかなりのダメージでもある。
・・・
とか言ってるって、修行が足りないな、自分。
まだまだ、なんだな、きっと。

日差しはもう夏。
本当の夏に向けて、まだまだがんばらねばならないね。

7月10日、マンドリン&チェンバロナイト♯11「レジェンド」、絶賛発売中!
お問い合わせ・お申し込み/
マンドリン&チェンバロナイト制作部 mandolin_cembalo_night@yahoo.co.jp

e0081334_23294260.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-07-01 23:30 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217