A線上のアリア☆チェンバロ奏者 廣澤麻美 公式ブログ  Asami Hirosawas Blog


今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
by saskia1217
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

心はアムスへ

e0081334_2081389.jpg

古今東西、一番好きな画家・・・レンブラント。
ドイツにいたときも、オランダに遊びに行くたびにレンブラントだけはあっちこっちでチェックして見にいってたなあ。
今回だけは行きそびれないように、ちゃんと前売り券を買ってた。

上野はパンダ一色で動物園に向かう人の波はハンパなくすごかったけど、私は手前でスルッと西洋美術館にすべり込む。
テレビで紹介したりしてたから心配でしたが、それほどの混雑もなく。

いつもの作品保護に節電も加わって一段と暗い中で、あのちっさ〜い版画を足元の点線からはみ出ずに目を細めて見つづけたら実は結構クタクタに。
でも、久しぶりにたくさん彼の作品をみて、やっぱり好きだな〜って思った次第。
そしてやっぱり私は版画がよかったなあ。
展示方法も、版画の技法の解説や、レンブラントがこだわった紙のこと、同じ作品を違う種類の紙で刷ったものの比較、作品と原盤を並べて、など工夫があって楽しかった。
作品数もかなりあったですね。

レンブラント以外の作者の作品にも素敵なものがたくさん。
H. ハウトの「エジプト逃避」なんか、まるでデルヴォーの絵から受けるような不思議な幻想。
W. ヴァヤンの「ヴァニタス」は、立ち尽くしてしまうほどの吸引力。
今この時に見るヴァニタス、強烈に深い衝撃を受ける。

刷りはじめに用いられた貴重な和紙は、洋紙に比べて黒が深くて柔らかい。
毛皮の質感なんてもう、触りたくなるくらいすごい。
ただ、目を凝らしてやっと見えてくるようなレンブラントのキアロスクーロの闇に埋もれた像は、和紙よりも洋紙のほうがきめ細かくてすっきり見えてくる。
それぞれにいいところがあるんだな。

最も印象に残った作品のひとつ、レンブラントの「薬剤師アブラハム・フランケン」。
1人の男が室内で机に向かって座っている。机上の隅には中国の陶器製のコミカルな姿の人形。
それを見たとたん、アムステルダムのとある家の一室、窓の下は静かな運河、すでに少し暗い室内の静寂のなかに時計の音だけが聴こえる・・・そんな「音」や「空気」が襲ってきた。
その中国趣味の人形の滑稽な表情と姿が、すべてを呼び覚ました。
ああ、こんな光景がたしかにあった・・・。

多くの自画像で有名なレンブラント。
時代によって「別人かっ!」とツッコミたくなるくらい違った顔で描かれてるのが面白いんだけど。
今日もいろいろ見ているうちにふと思った。

ある時代のレンブラントって・・

蔦谷好位置さんに・・・・激似(爆)。

いや、蔦谷さんがレンブラントに似てるって言えばいいのか。
今まで蔦谷さんをライブでお見かけするたびになんかモヤ〜ッとしてたものが、スッキリ!(笑)

見応えあったです。
6月12日まで、上野・国立西洋美術館にて。
(節電で開館時間が短くなっているので、お出かけの方はご注意を!)
[PR]
by saskia1217 | 2011-04-01 20:56 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)
カテゴリ
ライフログ
お気に入り♡リンク集
最新のコメント
はるかぜたんぽぽ様 ..
by saskia1217 at 21:30
今頃のコメント、失礼いた..
by はるかぜたんぽぽ at 17:21
はるかぜたんぽぽ様 ..
by saskia1217 at 13:52
初めましてなのですがここ..
by はるかぜたんぽぽ at 00:53
船津洋子「傘松道詠集の名..
by とくまるくもん at 06:35
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧