お散歩〜電車に乗って

e0081334_2004326.jpg

昨日、いいお天気だったので思いきって出かけた。
久しぶりに「電車に乗っていくお散歩」。
それも普段滅多に行かないところに行こうと。
溜池山王〜赤坂〜六本木〜青山という、書いてるだけでクラクラしそうな「都心」へ。
見たかったのは、いまだに行ったことなかった国立新美術館の大好きなシュールレアリスム展、あとは赤坂近辺のたくさんの坂とお寺と神社、これは古地図に載っているものを中心に。

赤坂の日枝神社、相変わらずダイナミックな石段と鳥居。
これは思わず昇りたくなる。
でも、その石段からして、小学生の頃家族と来て見たのとは全く変わってしまっていたなあ。
たしかもっと、石段の両脇がうっそうとした森だった記憶が・・・。
e0081334_2044551.jpg

高層ビルを背負ったような神社の本殿やお寺の本堂を、ここ赤坂ではたくさん見る。
高台のせいか、少し静けさのある境内。
e0081334_2019258.jpg

e0081334_203754.jpg
外堀通りを渡って赤坂へ。
浄土寺を通り抜けて、鈴降稲荷神社を捜す。
ここにも、ビルを背負った古いお家が。
e0081334_20381312.jpg

あった!
ちいちゃい!
古地図にはそれなりに大きく描いてあるのになあ。
マンションの敷地に飲み込まれてしまっている。
でも大事に守られていることを感じる。
e0081334_20385574.jpg

そしてここは、ビルを背負った「団地」。
e0081334_2041720.jpg

円通寺坂を昇る。ここはそれほど急な坂ではない。
文字通り「円通寺」に寄る。梵鐘で有名。
ここも「背負ってる」ね。
e0081334_20424835.jpg

e0081334_2043894.jpg

e0081334_20432374.jpg

円通寺坂を昇りきると、そこは薬研坂。
ああ、ここは下の方ならよく知っている。よく通っていたドイツ文化会館からほど近い。
こんなところに繋がっていたのかあ。昇ったことなかったな。
たしかこのへんに美味しいお蕎麦屋さんがあった気が。
18歳の時初めてレコーディングの仕事をしたコロンビアのスタジオも、たしかこの辺にあった。
大きなコロンビアのビルを目指して歩きながら、緊張で生きた心地がしなかったなあ。
今はもう「コロンビア通り」という名前しか残っていない。
TBSの裏、駐車場の入り口近くはすっかり高台で、道教寺、専福寺と並んだお寺からは、広い空と遠くの街並を見渡すことができる。何か異国の地に来たみたいだ。
e0081334_21384478.jpg

e0081334_2139590.jpg

e0081334_21391961.jpg

道なりに下ってゆくと、そのまま三分坂へと続く。
ほぼ90度に近い曲がり角と急な傾斜で出来たこの坂は、ブラタモリでも見ましたね。
その時話題になっていたあの報土寺は、坂の途中にあって横からみると面白い。
有名なその練塀は近くで見るとやっぱり美しい。
e0081334_21422595.jpg

e0081334_21425084.jpg

境内はひっそりと、誰ひとり居ない。
特に相撲ファンではないが、せっかくここまで来たので雷電のお墓を見にゆく。
e0081334_21434576.jpg

e0081334_21440100.jpg

坂を降り赤坂通りに出ると、再び喧噪の中に取り込まれる。
景色と音と空気の、それぞれにあるこのギャップがまさに今の赤坂なんだろう。
時間の余裕があったので、やっぱりどうしても行きたかった氷川神社(氷川明神)へ足を伸ばす。
檜坂をのぼる。天気のいい檜町公園は犬の散歩やランニングの人、買い物途中の休息の人などでじつにのんびりした空間。
氷川神社を目指して坂をのぼりくだりしていると、ものものしい警備員の姿が。
アメリカ大使館宿舎の裏だった。
e0081334_21542969.jpg

氷川神社は鬱蒼とした木々の緑と、足下の土と石と苔に包まれた静謐な空間。
神社というのは一歩足を踏みいれた時の空気の変化が独特で、それがとても大事なものなんだと思う。建物や境内をコンクリートやガラスのようなものばかりにしてしまうと、そういう空気を感じるのが難しくなるような気もする。
e0081334_2157881.jpg

この神社も近いうちに社務所などを改築するらしい。
老朽化して不便なのは困ることだけれど、この大切な空気が失われなければいいなと思う。
e0081334_21585767.jpg

ここの土壁もうつくしい。
e0081334_21592442.jpg

樹齢400年といわれる天然記念物のオオイチョウ。
王子のイチョウも大きかったけど、これはすごい。
冬の枯れ木姿もいいね。
e0081334_2222055.jpg

しばらくこの境内で過ごしてから、もと来た道を戻って六本木へ。
e0081334_2234619.jpg

そしてここにも「ビルを背負った」シリーズ。
これは団地っぽい。
ここは今ちいさな公園になっているが、志賀直哉の居住地跡という説明板があった。
e0081334_224228.jpg

ミッドタウンを背負った昭和の住宅がここにも。
かなり攻め込まれてしまっている。今にも押しつぶされそうだ。
がんばれ!
e0081334_2292697.jpg

ミッドタウンだって、初めて来たのだ(笑)。
なんか、巨大な鏡としか思えない。
吸い込まれそうだ。
e0081334_2213630.jpg

ご近所の志賀直哉さんが見たら、驚いたことだろうね。

新国立美術館手前の、あの不思議な「段差のある平行な二本の道」も確認。
シュールレアリスム展はそれなりに面白かったけど、マグリットとキリコが少なくてちょっと残念。
映像作品はひとつ30分とか40分とかかかるので、すべてを最後まで見ることができなかった。
でも、マン・レイの小さな写真たちはやっぱり好きだったな。
外に出て、旧陸軍兵舎の名残を見てから美術館をあとにする。

六本木〜乃木坂〜青山一丁目って、激近なのね(笑)。
ここまできてやっと見慣れた景色にホッと一息。
コーヒー休憩して地下鉄で帰宅。

赤坂、東のほうにまだ見たかったところが残っているので、それはまた次の機会に。
増上寺と丸山古墳も行かないとな。
[PR]
by saskia1217 | 2011-03-11 22:28 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)