今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

ずっと

e0081334_0113524.jpg

江戸切絵図に出ているお寺や神社の殆どは、今なお同じ場所にある。
散歩するとき目印になるから便利だ。
e0081334_0132444.jpg

e0081334_0133552.jpg

この小さな小さなお稲荷さんも、その奥にある神社も、ずっとずっとここにあった。
お稲荷さんにはいつもろうそくが灯り、油揚げが備えてある。
神社の社務所はまったく普通の、いかにも昭和なアパートのなかにあって、そこでお札やお守り、おみくじも売っている。
どう見てもただの駐車場にしか見えない「境内」には、古い古いソメイヨシノの大木が1本。
これが咲くと、きっともっともっと「神社」っぽくなるだろう。
e0081334_0192496.jpg

e0081334_019315.jpg

日常すぎていつも通り過ぎていたお寺も、あらためて中に入ってみると新しい景色が広がる。
そしてきっと毎日立ち寄っているだろう人たちが、引きも切らずに今日も手を合わせていく「日常」に、ここでもまた、何百年も前から流れてきた時間の中に乗っかっている自分たちに思いを馳せる。
白い梅と、紅い梅の香りにつつまれながら。
e0081334_0242144.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2011-03-10 00:24 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)