渋い響き

e0081334_141261.jpg

夜から日吉の慶應にてリハ。
本番は来年1月12日。

シュッツ、モンテヴェルディなどの多声声楽曲。
オルガンで通奏低音を弾いて最も気持ちのいいジャンルのひとつ。
いぶした感じで、渋くて、あったかくて、壮大。
バス楽器がガンバだと一段とふくよかだし。

楽器の響きは素晴らしいけど、やっぱり声にはかなわない。
気持ちよく弾きながらも、その宿命に必ずちょっぴり嫉妬している(笑)いつもの光景。
[PR]
by saskia1217 | 2010-12-23 01:45 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!


by saskia1217