熱い思い探す旅路〜エレカシZeppツァー in 仙台〜

e0081334_3274088.jpg

最近、リュックひとつでサッと新幹線に乗ってしまう自分に慣れてきた。
今日もそんなふうに気軽に仙台に向かった。

エレファントカシマシのコンサートをZepp仙台で聴く。
一言で言えば、素晴らしすぎるコンサート。
私が今までに行ったエレカシのコンサートの中で、もしかしたら1、2を争う。
たとえこれが北海道でも沖縄でも、または飛行機でしか行けないニューヨーク公演だったとしても「行く価値」がある、と思ったほど素晴らしかった。
借金してでも参加すべきかけがえのない2時間弱。
音、空間、空気、言葉、熱・・・すべてがすごい。

今日は番号が比較的早かったのでわりと前方の中央で構えずに待つ。
メンバーが登場する前から、お客さんたちの空気がものすごくまっすぐなことに気づく。
皆無駄話もしなければ連れ立ってきている人とふざけることもなく、ただ真っ正面をまっすぐ見つめたまま、これから始まるコンサートの事を考えているように集中しているのがわかる。
すごい。

東京では聴けなかった「真夜中のヒーロー」アンコールの「風に吹かれて」「夜の道」を嬉しく聴く。
「始まりはいつも」はちょっとアレンジや歌い方が東京のときとも音源とも違っていた気がする。
「彼女は買い物の帰り道」では歌い直しだったのか「ホントはこうでしたね」といってアコギでかなりの分量を弾き語ってくださった。
そしてアコギで演奏された「何度でも立ち上がれ」(大好き)。お客さん、コーラス参加(笑)。
MCを殆どせずに進行。
「今日は何だか八百屋みたいな感じで進んでおりますが・・・みんながうまくのせてくれるからさ」
「今日はみんなに元気をもらったぜ。ま、お互い様なんだけど。」
「可愛い奴らだな〜」

最初から最後まで宮本さんとメンバーのテンションが途切れず、中身を薄めないままラストまで突き抜けた感じ。とても丁寧で。
何よりものっけからお客さんと宮本さんの気持ちの通い合いが、まるで糸電話みたいに目に見えるようだったのが凄かった。

そして、弾き語り「夜の道」で、初めてライブでぽろぽろ泣いた。
詞の内容にどうのこうの、というよりも、いまそこで宮本さんが歌っているということそのものが身震いするくらいの大事件で。

アンコールは「風に吹かれて」で始まる。
大好きなギターソロのイントロ、そして「さようなら、今日の日よ!」で高音に上がる歌い方。
ラストの3曲「デーデ」「ガストロンジャー」「ファイティングマン」あたりはもう、お客さんもぐっちゃぐちゃ、宮本さんも下手〜上手、椅子の上、スピーカーの上と動き回り、声と身体を振り絞って発信しまくる。
「ガストロンジャー」でお客さんがばっちりコーラスを歌っているので(これも東京ではあんまりないけど)、宮本さんはなんと下声部を歌ってました!びっくり。
ここまでの一体感は希有だと思う。

まさに歴史的なライブといってもいいな〜、としみじみしながら最終の新幹線で帰京。
コンサートだけでもう幸せと充足感でいっぱいだった。
・・のだが、どうやら同じ新幹線だったらしく下車後に駅でメンバーの方達とバッタリお会いし、宮本さんと握手し少しお話できた。
とても優しく穏やかな空気を持っていらして、丁寧にお話してくださって嬉しかった。

明日もまた毎日の旅の繰り返し。
蓄えた力を持って、出かけてこよう!
[PR]
Commented by とんこ at 2010-12-13 10:45 x
仙台へようこそ!西口の光のページェントはご覧になりましたか?
Zepp仙台は駅直結で良いですよね。

地方公演って、クラシックでも、ときどきものすごくいい経験をすることがあります。
客席とステージが近い感じがするからでしょうか。
演奏者が変に衒わずに良い意味でリラックスできるからでしょうか。
ああ、ほっぺが凍る冬の仙台に帰りたくなってきました!
Commented by saskia1217 at 2010-12-13 14:27
とんこさん
光のページェント、とっても見たかったのですが、残念ながら新幹線の時間に間に合いそうになかったので行けなかったんです。
いつか見てみたいです。
そうですね、私も何度か仙台でコンサートしましたが、お客さんが熱心であったかいし、アットホームなのにシビアな目と耳がある感じがして、やる側にとってもとても貴重なマーケットなのだと思っていました。
たしかに昨日も、演奏者に「リラックス」が見えた気がします。
私も今度行ったときはもっと街を見たいなあ。
by saskia1217 | 2010-12-13 04:01 | エレファントカシマシ | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31