ドラマオープニングの魔力



来月、テレビ番組の収録のお仕事でこれを弾くのだけれど。

知らなかった・・・
これ、チェンバロが入ってるのだ!
しかも、主旋律!!(笑・・そんなこと滅多にないから)

芥川也寸志さんの名曲。
懐かしすぎる。
今でも暮れのテレビなんかで、討ち入りの場面になると必ずといっていいほど耳にするこのテーマ。
大河ドラマのテーマって、なんでこんなにワクワクドキドキするのだろう。
そしていつまでたっても心に残っているんだろう。

大河では、ドラマそのものもテーマ音楽も私が一番好きだったのは「黄金の日日」。
松本幸四郎さん(当時は市川染五郎さん)とか、根津甚八さんの石川五右衛門、そして一番印象的だったのは川谷拓三さんのあの人懐っこい笑顔。杉谷善十坊が最期に鋸引きの刑になる場面が、子供心にたまらなく深く残った。
テーマは大好きでよくピアノで真似して弾いたな〜。


来月のお仕事ではもう1曲、これ↓も弾きます。
こちらはピアノだけど。わお。
オンド・マルトノ入り。
超、超かっこいい!

[PR]
Commented by mjfh0916 at 2010-11-19 09:53 x
お忙しい季節ですね。
2曲ともピアノで演奏なさるのでしょうか?うーーん、私には想像がつかないので、超楽しみですーーー!(チェンバロの音が聞き取れません…涙)
放送日程をお知らせくだいませ♪
黄金の日日は私もはまりました~
Commented by saskia1217 at 2010-11-19 12:40
コメントありがとうございます!
「赤穂浪士」はチェンバロです。
「黄金の日日」は本当に名作でしたよね。
また見たくなってきました・・・
by saskia1217 | 2010-11-18 01:02 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31