駅の思い出

e0081334_116189.jpg

羽田空港の再国際化だとかで、なにやら華々しく報道されている。
おかげで成田は焦っているらしいが、「『これから海外へ行くぞ』というワクワク感や『日本に帰ってきた』というホッとする感は、まだまだ成田の空気のほうが実感がわきます」と言っているリポーターがいた。
どっちにしても空港とか駅とか停留所とかには、それはそれは計り知れない多くの「気」と「思い出」が宿るものだ。

京成の「旧」博物館動物園駅。
1997年に休業、2004年に廃止になった廃駅だ。
上の写真は、今でもそのまま残っている入り口で、駅とホームは地下。
この国会議事堂みたいなかわいい入り口は芸大のすぐ脇の角にあって、私の学生時代にはこの駅はまだ生きていた。

今も昔も芸大の学生はたいてい、JR上野駅か東京メトロ千代田線根津駅のどちらかを利用することが多いのだが、じつはJRなら学校に一番距離的に近いのは鴬谷駅なのだ。が、何故か鴬谷から歩いてくる人は殆どいない。道がないわけでもないのに、未だに謎である。
かくいう私も(今も昔も)上野駅利用派だけれど、学生時代、遅刻しそうになった時に出番だったのがこの博物館動物園駅。山手線を池袋方面から乗って行くので、時計とにらめっこしながら「このまま鴬谷まで行ってタクシーか、日暮里で京成に乗り換えて博動駅か」を決めるのである。
まあ、実際は滅多に遅刻はしなかったのだが、伴奏合わせが急遽早まったとか、誰かの代役を頼まれて急いでる、とかいろんな時にもこの方法は便利だったし、この方面から通う学生の殆どが京成日暮里駅の時刻表を持っていたのだ。

というのも、この駅、停まる電車と停まらない電車があったからである。
もちろん各停しか停まらない。
おまけに駅が小さくホームが短いので前4両しか乗降できない。
日暮里で思いっきり頑張って駆け込み乗車したものの、うっかり後方2両に乗ってしまった時の悲惨さといったらない(笑)。目の前には、開かないドアの向こうに暗いコンクリートの壁があるだけ。
または駆け込み乗車したのが急行で、そのまま上野(しかもJRの駅よりもっと学校には遠い京成上野駅)まで行ってしまった時はもう泣く元気も出ない。
乗り換えた努力と運賃が水の泡、素直にJR上野駅から走るほうがずうっと早かった、ってわけだから。

そんなことも今となってはいい思い出。
どうやらNPOがこの駅の保存と再生を計画して募金活動などを行っているらしい。
今でも地下のホームは、芸大の学生が描いたとされているペンギンやゾウの壁画、改札などがそのまま残されていて、日暮里〜上野間の電車の窓からそれが見えるという話。(最近京成乗っていないので未確認)
そういえばあの頃、改札は木製のあのちっちゃい檻みたいなレトロなままだったし、切符も固い紙のやつを売っていた。

地下水がしみててジメジメして、でもなんか懐かしいあの駅。
本当に蘇ったら、あの地下に降りて行ってみたい。
e0081334_1444821.jpg

[PR]

by saskia1217 | 2010-10-23 01:44 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

Commented by さぁや at 2010-10-23 02:37 x
鶯谷方面から登校すると、芸高グラウンドに潜入するならショートカットになるけど、正規ルート(?)で行くと、学校を全部通り過ぎてから曲がって門までいって、、さらに校舎の奥だと戻る形になって、、敷地を一周する勢いでものすごく損してる気分になりますよwたぶん上野や日暮里から歩くのと同じ時間かかりそう。鶯谷北口って殺伐としてるし、やっぱり公園やお墓の森?を毎日通るのって意外に健康的なんじゃないかと思います(笑)
Commented by saskia1217 at 2010-10-23 11:09
な〜るほど。
グラウンドを突っ切るのを正規ルートだと思ってました(笑)。
あそこを迂回すると結構歩くから同じだね。
鴬谷が殺伐ってわかる・・・
上野公園とか谷中霊園とか、考えてみると普通のお散歩コースを登校・出勤してるってことだもんなあ。
感謝せねば!