いつか見た夢を/彼女は買い物の帰り道〜エレカシ、ニューシングル〜

e0081334_438379.jpg

そんなわけで・・・
今日千駄ヶ谷のリハに行く前に渋谷タワレコに寄って、明日リリースのエレカシ・ニューシングル「いつか見た夢を/彼女は買い物の帰り道」を受け取ってきた。
新譜を鞄にいれたまま夜まで仕事、ってのはほぼ拷問に近い(笑)。
帰宅後夜中になってやっとラジカセにCDをセット。
ヘッドフォンをして正座して歌詞カードを持って、といういつもの鑑賞スタイル(笑)。
先日ここでもちょっと書いた「いつか見た夢を」は日比谷、大阪野音、SLS、PVとずいぶん聴き込んでいたから身体にすんなり入ってきて、でもやっぱりうちのおんぼろラジカセでも、PCとかラジオで聴くのとは全く違う音質だから、聴こえてなかったことが結構聴こえてくる。
ドラムがかっこいいな〜とか、宮本さんのコーラスの重なり方とか、ちょっと小声の間の手とか(!)。
歌ってみたら、なんだかメロディー自体の起伏はそれほど無いのですね。たぶんカラオケでは歌いやすいっていう人が続出しそう(苦笑)。
でも難しいんだけどね、じゅうぶん。
歌いながらどうしても♪いつもとおんなじ何にも変わらない俺♪で右手で振りが付いてしまう・・・笑。スミマセン。

しかし・・・ところどころ出てくる「音程のないところ」がこの曲、今までの曲より難しい。
♪変わらない俺♪の「俺」とか、♪一日は始まる♪の「始まる」もライブで聴いてたときはずうっと謎だったんだけど、ようやく「あ〜そういう音だったのか」と。
たぶん普通はああいう音はつけないだろう、と思うのだけど、そこに有無を言わせない強さを感じてしまうなあ。
♪風に聞け 空に聞け♪・・・ここが好き。

そして。
ええ、やっとフルで聴けた、その「彼女は買い物の帰り道」ですよ。
ここには「彼女」の視線と、それを包む外側から見ているもう一人、明らかに男性の視線が歌われてる。その両方があるからいいとも、そして(まだ)ちょっぴり不思議な気もする。
歌いだしからしばらく続くおだやかなメロディーと詞には、誰しも胸の奥が締め付けられるような思いが引っ張りだされるんじゃないかな。
♪目の前を過ぎてゆく〜♪から、メロディーの高揚とともに心臓がドキドキして、そこから次へ次へと引き込まれる。

サウンドが分厚くなってくる中間あたりからも、想像していたほど「激しく」なるわけじゃなくてあくまでもそれは「女性」だっていう感じがした。
「俺たちの明日」が頑張る男の人だとしたら(ま、勝手に女子にもぴったり、って思って聴いてますけど・・・笑)、これは「頑張って生きて行こうとしている女性」かな。

買い物の帰り道、仕事の帰り道。
商店街で、踏切で、歩道橋の上で、電車の窓から、雑踏の中で。
息をのむような夕焼けや、吸い込まれるような青空にまぶしいくらいまっ白な雲の浮かぶ空を見た時、自分の意思とは関係なく一気にフラッシュバックすることがある。
小さい頃のこと、家族のこと、それなりに長く生きてきて出会ってきたたくさんの人たち、先に逝ってしまった大好きな人や仲良しだった友人、いつまでも一緒にいたいと思ったけれど今は離れて暮らす人、素晴らしい思い出があるけれどたぶん二度と会えない人たち・・・
そしてそこに一緒にあった景色、木々、花々、町並み、ざわめき、空気の匂い。
愛されてきた、そして愛してきた人たちと時間たち。
そして、今の自分がいる。
時間に押されて、先に進むしかない自分がいる。
自分のためと同時に誰かのために生きる。
この曲を聴いて「女は誰かのために生きろ、って聴こえなくもない」ってイライラしている人をネットでみかけたけど・・・いや〜、そうじゃないだろう。そんなに短絡的じゃないと私は思うけどな。

女性を歌ってるけど、男の人もおんなじこと思ってて、おんなじように生きてるはず。
だってこの風景にいる「彼」は、そんな「彼女」に共感しているんだもの。
それもとってもあったかい気持ちで。
e0081334_4453272.jpg

ジャケやCD本体はだいすきな緑色がベースになってたことも、ちょっぴり嬉しかった。
だから・・・
「誰っ?」っていうこのジャケも結局納得(笑)。
[PR]
by saskia1217 | 2010-10-20 04:44 | エレファントカシマシ | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30