本とか言葉とか日常とか

e0081334_016543.jpg

たいへん遅ればせながら読んだ。
「近藤良平という生き方」(エンターブレイン/1800円)。
今までコンドルズの勝山さんの著書や、それこそ2005年の「情熱大陸」なんかで知り得た近藤さん像を超えて、きっともっともっと深いところまで一気に知ることができる(!)一冊。
ご本人への(かなり赤裸々な・・笑)インタビューを中心に、古いご友人やご家族などの「証言」を交えつつ組まれた、とても読みやすい本。
読むと、あたかも目の前の近藤さんご本人から醸し出されるような「爽やかさ」や「柔らかさ」や「自由さ」や「まっすぐさ」が伝わってくる。
こうやって文字にしてしまうとガッカリなんだけど(苦笑)、例えば私のような人間にとっては「良い加減」という方法をとって生きる事がとっても難しくて、どうしても白黒つけないと気が済まなかったり、人を許せなかったり、自分に課したものをこなせない自分に猛烈に腹を立てたり・・と、なんていうか非常に度量が狭くて独りよがりになってしまうのだ。
でもそれと全くの対極にいる(ように見える)近藤さんみたいなアーティストを知ると、ん〜、この1/10でいいから、こういう空気感を持って生きてみたい、って切実に思うのだ。
日本の教育とか、ゆとりとか、生き方とか、芸術とか・・なんか、う〜ん、それって結局ここに帰ってくるんじゃん?・・・て思わされる。
人それぞれの性格とか個性とか、それにアーティストにもいろいろあるわけで、それでもこの方の持つこの不思議なバランスの取れ方、って周りを見ててもなかなか希有じゃないかなとあらためて思うわけで。
近藤さんのダンスを見た方も、見てない方も、興味を惹かれる本だと思います。
読んでたら、なんだか久しぶりに近藤さんにお会いしたくなりました。

そういや、コンドルズは現在全国ツァーの真っ最中ですぞ。
皆様、是非お出かけすることをオススメします!
東京公演は完売らしいですが、当日券も出るそうですよ。

コンドルズといえば、こないだの月曜、久しぶりにヨガのクラスがあったので参加。
相変わらずかなり暑い日で、夜とはいえまたまた滝のような汗。
「暑いの嫌い。なんでもいいから早く冬になれ〜」と自分勝手な私の叫びに、皆笑っていた。
帰りの電車で、師匠青田さんに「インドはもっと暑いのか?」「湿気は?」など、インドの暑さに関する質問が飛び交う。
このところの東京の猛暑と同じくらい、もしくはもっと暑いかも、で、太陽の光はもっと肌に突き刺す感じかな〜・・・なんていう情報。
インドには大いに憧れるが、そんな話をきいただけで嫌になる。
「や〜、ゼッタイにインドでは暮らせないな」と言い切る私に、
「でもさ、もしエレカシがインドにいたら、インドに引っ越すでしょ?」と、青田さん。
ま、参った(爆)。
まったく反論できない。

・・・・・・・・・・・・・・・
最近覚えた言葉がいくつか。

傀儡(かいらい)。
ハレとケ。

「ハレ」はよく使っても「ケ」まで使わないね。
柳田邦男、読んでないしな。

日々、いろいろと勉強になります。
[PR]
Commented by liliebaby at 2010-09-09 03:11
ハレとケ、初めて知りました。
いや、勉強になりました!!
外国語の学習も良いですが、やはり日本語って良いですね。
その背景にある日本文化が美しいと言うか。
それはまぁ単に私が日本大好きだからなのですが…。

ちなみに「傀儡」は読み方が違いますが、
金田一少年の事件簿の「地獄の傀儡師(くぐつし)」というエピソードで幼き頃に学びました(笑)
Commented by saskia1217 at 2010-09-09 10:38
なんかこれだけ長く生きてたって、知らない事だらけです。人から見たら「そんなこと知らなかったの〜?」って言われそうなこと多そうだけど(笑)。

日本語っていいですよね。
今更ながら「自分は日本が好きなんだな〜」って思います。20代の頃は微塵も感じなかったのに!たぶん極度の「西洋かぶれ」だったんでしょうね(笑)。

「傀儡師」という言葉もこの字を調べていて知りました。ゆりっぺ、知ってたなんてすご〜い!金田一も読んでないからなあ、私。
最近よく聞き込んでる「soul rescue」というエレカシの曲に「俺の嫌いなエセインテリの傀儡が宗教家」って歌詞があって。さすが、ちょっと江戸文化のニオイ、しますよね(笑)。

そういや、今月発売の新曲「明日への記憶」っていうタイトルですが、これを検索するとAのつくグループの「明日の記憶」が大量に出てきて、ゆりっぺを思い出しています(笑)。
しかもその際、検索画面に「ひょっとして『明日の記憶』ではないですか?」と訊かれるのが、ちょっとムッとします(爆)。
by saskia1217 | 2010-09-09 00:34 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(2)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31