鴎ふたたび

e0081334_23384196.jpg

今日の本番はミューザ川崎。
川崎って微妙に「遠い」イメージ。
東京駅で東海道線に乗り換えるか、田端から淡々と(笑)京浜東北で行くか。
東京駅・・特に休日には出来れば乗り換えたくない駅だ。隣のホームに乗り換えるにもストレスを感じるあの雑踏。
それに何か、東京駅で降りるだけで「遠出」のイメージがひどく強まる(苦笑)。
というわけで、今朝は時間の余裕もあったので田端からゆっくり座っていく。
e0081334_23445790.jpg

高槻市民合唱団の20周年記念の定期演奏会。
私が参加したバッハのモテット「わが喜びなるイエスよ」の他、高田三郎「水のいのち」など名曲ぞろい。そしてあのホールがほぼ満員になるという盛況ぶり(1300人以上のお客様)。

「百万本のバラ」やアンコールの「鴎」「ふるさと」にも参加。
「百万本のバラ」はアコーディオンの代役として。しかしあの曲は不思議なインパクトを持っていて、練習でも一度弾くとその後他の曲を弾いたにもかかわらず、ずっと頭の中で鳴り続けるような強烈さがある。
そして「鴎」は以前やったことのあるオルガン+チェロのバージョンで。
これも例外なく涙腺にキックしてくる曲。
そして「ふるさと」も。
長野オリンピックの閉会式でこの曲が響きわたる映像を見て、ドイツで号泣したことを思い出す。
e0081334_012389.jpg

↑私のオルガンの師匠であり、ここ川崎のオルガンの杮落しをされたツェラー先生のサインと、マンハッタントランスファーのサインが並んでいるのを発見!
ちょっと面白い(笑)。

ホールの大きさも演奏会の規模も、いつもとはひと味違ったダイナミックさを味わえたお仕事だったですね。
たくさんのお客様と団員の皆様に感謝。

そして。
ドイツ対アルゼンチン。
開始3分でドイツのゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!
すごいよすごいよ!
一番楽しみにしていたこの対戦。
ベスト8の試合が一番面白いかも、というのは本当だと思う。
メンタリティも戦い方も正反対だというイメージが強いヨーロッパと南米のサッカー。
でも今年のドイツはなんだかちょっと違う柔らかさを感じる。
しかし、ドイツを応援しながら見ていてあんまり「不安」を感じないのは何故なのだ?
(贔屓目か?・・・苦笑)
はたしてどちらの「優勝候補」がここで姿を消すのか?

さあ、ぜったい点入れるんじゃないよ、アルゼンチン!
私のワールドカップはまだまだこれからなのです!
[PR]

by saskia1217 | 2010-07-04 00:03 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)