今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

「先日の『情熱大陸』も見ました!・・色々考えさせられましたし、とっても刺激を受けました」と私が言うと、田中さんは「そうですか〜、どんなところが面白かった?」と言いながら手元にあった紙を裏っ返してすかさずそこにメモをとりだした。
その姿勢に、やっぱりすごいなあ〜、と感動しきり。

・・という夢を見た(笑)。
夢はよく見ているのだと思うが、目を覚ましたときにそれを覚えている確率は人並みだと思う。
これはかなりクリアに覚えていた。
劇場の楽屋通路を歩いていると、爆笑問題の田中さんの姿が。迷わず話しかけてみたら色々と話題が出て来て盛り上がる。そのうちに太田さんが登場、ちょっと怖いな〜と思いつつも田中さんがいたのをいいことに色々と質問。意外と(失礼!)フレンドリーに話していただいて満足。

爆笑問題じつは大好きで、彼らの番組は見られるときはいつも見ているし、特に太田さんの本は結構読んだ。なので、夢とはいえちょこっと嬉しかったです。
彼らにゆかりの深い阿佐ヶ谷はほぼ毎週足を運ぶ馴染みの街。彼らの事務所は教会にいく道の途中にあるので、商店街をお二人で歩く姿や、銀行ATMで社長さんである太田夫人や田中さんをお見かけしたこともあった。実際お声をかけたことはなかったけど、そんなわけでな〜んとなく勝手な親近感もあったりして(笑)。
でもなんで、敢えて昨夜みたのかなあ?
情熱大陸をみたのは先週のことだったのに。
謎。

謎といえば、音楽家としての自分の能力に疑問を感じる、長い間ずうっと解けない謎が。
この曲、リリース以来100回以上は聴いてるはずなのに、イントロ(前奏)と歌の入りとのリズム関係が、自分の中で未だに合いません・・・。
わ〜〜ん、いったいどこが拍の頭なの〜〜?
私、リズム感わるすぎ。


オマケ
埋め込みできなかったPVはここをクリック!・・・CD音源でも謎は解けず(苦笑)。
が、このPVは最高にカワイイ!
[PR]
by saskia1217 | 2010-05-26 22:35 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(3)
Commented by ろう at 2010-05-27 01:12 x
最初の2つの音はアウフタクトです。
1拍のアウフタクトを4つの16分音符に分けて考えて、1つ目は16分休符、2つ目にミシラ、3つ目が16分休符、4つ目にミシソ#が鳴っていて、最後のミシソ#はタイで次の小節の1拍目の16分音符2つ目まで繋がってるのです。そのあとは強弱のついた16分音符が並んでます。
ですので、ミシソ#のすぐあと(タイで繋がってる音の間にきます)がこの曲の1小節目の頭ですね。4小節と1拍の休符のあと歌が入ります。
言葉で説明するとなんともややこしいですね。
Commented by saskia1217 at 2010-05-28 00:07
解析ありがとう!
な〜るほど、すっきりしました。
解明しようと、歌の入りから逆算して最初の2つをアウフタクトで(休符+音+休符+音)とらえることは何度もしてみてたんですが、次の強拍に入ったところが2つ目までタイがつながってるあたりのところで見失ってました。
アウフタクト=アクセントがまったくつかない弱いイメージという職業病のような感覚が、最初の2つの音をどうしても「アタマのない音型」にとらえられず、おまけにそのギター部分に強烈にアクセントがついてるのでどうしてもアタマに聴こえちゃっていたみたいです。
・・・にしても、このイントロってもちろんライブやるたびに長さが違う(歌が入ってくるタイミングが違う)のですが、この映像だとけっこう「半端」なとこで入るんですよね〜。それがまたこっちのタイミングを狂わせてしまうという。
ん〜、ものすごくどーでもいいことなんですけど(笑)なんか面白いな。
Commented by ろう at 2010-05-28 00:27 x
すみません、きっと16分じゃなくて8分でしたね…そしてアウフタクトに感じるべきは2拍ですね。
PVのほうもこの動画もどっちも僕にはすんなり入ってきましたよ。たぶん拍のアタマを自分で手叩きながら一度弾いてみたらいいのでは。