好きな花

e0081334_1416166.jpg

好きな花は?
と訊かれるときに答えるのは、まずチューリップ。
その他は?
と言われれば、ひまわり、ガーベラ。

こうして書いてみると可笑しい。
ものすご〜く開く花が好きなのか、自分(笑)。

最近はでも、椿がかなり気に入っている。
オペラ「椿姫」でもわかるとおり、東洋から西洋に入ってこの花はものすごい人気を得た。
その花が「首からポトッと落ちる」ことから、日本では「縁起の悪い花」として嫌う人も多い。
「首切り」みたいだから武士からも嫌われたかと思えば、どうやら「好かれていた」説も強いらしい。
先日の「龍馬伝」のワンシーンでも武市が部屋に赤い椿を活けていたのが印象的だったが、江戸時代の武士は結構この花に美学を感じていたらしい。

この「乙女椿」はピンク色で優しい。
かなりの数の花をつけ、落ちるときは潔く花ごと落ちてくるので、木の下は花の山になる。
子どもの頃よくそれを集めて一輪一輪糸を通し首飾りを作ったものだったが、花ひとつひとつも結構大きいし、派手にボテボテとした妙にゴージャスな代物ができあがり、子どもの首にはかなり重かったことを覚えている。

子どもの頃は全く綺麗だと思わなかった葉牡丹。
うつくしいではないか。
e0081334_14263997.jpg

[PR]
by saskia1217 | 2010-03-18 14:26 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)

今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31