今日もまた日が昇る・・出かけてゆこう!

by saskia1217

訴えるご飯

e0081334_23233388.jpg

胃腸にあまり良くないという理由で、好きなのにずっと食べなかったカレー。
医者からOKが出たので、今日久しぶりにつくったひよこ豆と野菜のカレー。
ヨガ師匠のブログを見て、なんか急にインドっぽい野菜料理が食べたくなった、ということもある(笑)。
一応カレーの量は少なめに。食べるときは卵を入れて。

本当に美味しそうな食事の画像や映像というものがある。
その画がストーリー上、直接的に重要な役割を担っているか否かとは別に、その食卓に並んだ料理や食器、配置などが非常に印象的なものがいくつかある。
見た時にはそれほど意識していないのに、後から思い出したりする。
「あ〜、あれ美味しそうだったなあ」

で、今日、ほんと〜〜に久しぶりに(1年くらいぶり?)急に「百色眼鏡」が見たくなり、DVD鑑賞。大好きな椎名林檎さんのプロデュース、そして大好きな小林賢太郎さんが重要な役どころを演じるショートフィルムである。
その中に、小雪さん演じる謎の女優の家に、小林さん演じる探偵がじつに美味しそうな食事に招かれる場面がある。
セリフから察するにどうも夕食らしいが、趣味のよい食器に、焼き魚、漬け物、梅干し、豆腐料理、ごはん、味噌汁などのシンプルな和食が並ぶ、本当に美味しそうな食卓なのだ。
その場面を見たいがために、今日ひさしぶりの鑑賞となった。

そしてついつい最後まで見てしまい、何気なくエンドロールを見ていると、フードコーディネーターとして飯島奈美さんのお名前が!
なぁんだ、そうだったのか〜、と納得。
「かもめ食堂」「めがね」などの「ほんと〜に美味しそうな」食卓を作り出した、あの方である。
私も彼女が書かれたレシピから、肉野菜炒めや生姜焼きなどおおいに参考にさせていただいている。

テレビ番組やドラマ、映画などでのフードコーディネーターというお仕事について、私はそれほど詳しくは知らないけれど、やっぱり人の心にひっかかる魅力的なお仕事というのはスゴイんだなぁ。
人の心に残る、ってやろうと思って簡単にできることじゃないし、相手の気持ちにならないと出来ないことだよなあ。
プロの仕事って何でもすごい。

↓「百色眼鏡」
(その食事シーンは3にてご覧になれます)


[PR]
by saskia1217 | 2010-03-01 23:44 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)