凍てつく夜のコンサート

e0081334_1793859.jpg

マンドリン&チェンバロナイトの第10回目のコンサート、終了。
空気がキラキラするような寒さの夜、100名を越えるお客様が足を運んで下さり、本当にありがたく、ただただ感謝です。

今回はロックのアレンジ曲以外すべてオリジナル作品という、初めての試み。
耳にしたことのある曲のほうが圧倒的に好意的(積極的)に聴くことができる、という人間の普遍的特性にもかかわらず、たとえ以前このシリーズで聴いていただいていたとしても、まあ、よくこれだけの「よく分からない曲」(笑)を2時間弱ニコニコして聴いて下さったなあ・・・と、まずそれだけでも嬉しい。

ジェフ・ベック「レッド・ブーツ」では、リードギター以外の4〜5人分の機能をうまく網羅することができなくてちょっと悔しかったけれど、まあ雰囲気だけは出たかなあと。
「韓流ドラマっぽい」インプロも、うまくコードを生かせなかったとか、いろいろ反省。

10回皆勤(!)のお客様、今回初めて来て下さったお客様など、それぞれの素敵な笑顔と暖かいお言葉をお土産に帰宅。
案の定、本番後の常で4時まで眠れなかったけれど、心はゆっくり休まりました。

昨夜来て下さった皆様、また過去のコンサートにお出でくださった皆様、本当にありがとうございました。
マンドリン&チェンバロナイトは、リフレッシュして、必ずやまた皆さんに楽しいライブをお届けできることと思います。
今までのご感想、またご希望など、いつも受け付けております。いつもの制作部アドレスか、石渕、広沢のブログコメントなどでどんどんお寄せくださいね。
(マンドリン&チェンバロナイト制作部 mandolin_cembalo_night@yahoo.co.jp)

今後とも、どうぞよろしくお願い致します!
[PR]

by saskia1217 | 2010-02-07 17:31 | 感じろ、考えろ、思え! | Comments(0)